大きくする 標準 小さくする
次ページ

2009年09月30日(水)更新

みなし一般廃棄物

大阪市の企業や工場の排出される1か月10t未満の廃プラスチック類などの産業廃棄物を特例で一般廃棄物として行政が処分する「みなし一般廃棄物制度」が廃止になり半年が過ぎました

もともとこの制度は大阪市は中小零細企業や工場が多い町として、どんなゴミでも対応するため焼却工場も11工場も建てられ、「どんなゴミでも焼却する」という気概や方針でできました
           
この制度を廃止する大阪市の予算がウン億円
(ゴミの展開検査するためにベルトコンベアーを導入したり、検査人に警察の天下りをいれたり・・)

メリットは 大阪市の焼却する廃棄物が減る
       産業廃棄物処理業者が潤う

デメリットは 大阪市の中小零細企業の廃棄物処理コストのアップ
        (行政で処分するより民間で処分する方がはるかに高い)
              
        少量の排出者に対してそれだけのために一台のトラックの収集が必要
        (今まではルート回収で収集していた)
         →燃料の無駄→温暖化防止に反している

        焼却に要するカロリーが不足のため重油で賄う(市のコストアップ)
        (プラスチック類は高カロリーで実は塩ビ以外は焼却に向いている)

        一般廃棄物収集運搬業は死活問題

                
大阪市の役人の言い分・・・今までが恵まれてて、他都市ではありえない事
                 これが国のスタンダードで企業努力しなはれ


当社のお取引先で今までルート回収で1か月6万で月極め契約していたのが
この制度の廃止で産業廃棄物処理にした結果、今月は30万の売上になりました

が・・・

30万頂いても6万の時の方が利益があるのが事実です

そして産業廃棄物処理に納得して頂いた企業さんは、まれです

多くの会社さんは産廃処理する事はなるほど分かっても
金額の話になると納得して頂けません

この説明責任を今現在も業者に任されています

だれが損をして悪者になるのか・・・
だれが得をして喜ぶのか・・・

他都市にはない11か所の焼却工場を誰が作ったのか?

無駄だらけ・・・無計画・・・


役人って本当に怖いです・・




  

2009年09月28日(月)更新

自分のしたいこと

今日は一人の社員にジェイポートからジェイブリッジへの転社をお願いしました

ジェイポートの今年度決算が出て、赤字決算で(売上はUPしたのですが・・・)
自分の給料も50%OFFにしますが、
それだけでは間に合わず、できる社員は自分で稼いで欲しいとお願いしました

彼は快諾してくれました

ご時勢で一人で稼ぐのに限界が来てます
ちょっと肩の荷が少し下り、力を合わせて稼いでいきたいと思っています

昨日は神戸市北区の弓削牧場でランチをして、ヘラブナ釣り
そして日帰り温泉で 
7つの習慣 第七の習慣「刃を研ぐ」をしました

yuge1

yuge2


yuge3

僕の一番のお薦め日帰り温泉です

yuge4


そこで僕が今一番やりたい事を考えました
それは 「一年間ニューヨークにサックス留学へいく事」

「ではそれを今すればいいのでは・・・」と自分に問いかけ

「会社の責任もあるし、帰国後の会社や収入も気になる・・・」

やりたい事の前には責任や安定収入が必要なのかと自問自答する一日でした

こんなこと考えているから赤字なんでしょうね

2009年09月26日(土)更新

7つの習慣

7つの習慣での第二の習慣「目的を持ってはじめる」というのがありますが

人間はすでに目的が無意識で持ち、それに向かって行動しているんだぁと改めて思っています

人はよくマイナス(悪口を言ったり、不満を言ったり、偉そうにしたり)を
を使って注目を浴びるとか、コミュニケーションをとるとか、構ってもらうとか、という目的を達成します

「お金がない事」もひょっとしたら、その事を使って、ある目的を達成したい僕がいるかも知れないと疑っています。

まさか自分もマイナスを使って目的を達成しようとは・・・

「自分の大変な仕事をみんなにわかって欲しい」
「妹とコミュニケーションをとる」「自慢する父への復讐」とか
色々考えます

「何のために会社を経営しているのか」「本当に会社を継続したいのか?」を問われます

シンプルに 「理念を実現して世の中に必要な会社になる」
ためにお金が必要と考えるのがどうも自然ですね

そうすると、色々な雑念が消えそうです

遺品整理.com

大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

2009年09月25日(金)更新

これからの時代

新規事業はなかなかうまくいかず
今、法人のお客様向けに営業社員を新たに入れるかどうかで迷っています
(現場から上げるのは本人の決意、周りの状況をみてあきらめました。
新規事業一本でがんばってもらいます)

目的は現状のお客様満足度をあげ、売上をあげること、
曳いては社員の給料を下げないためです

リスクはありますが、不景気で薄利の中、社員の給料を下げないためには、売上を上げ攻めるしかないと思ってしまいます

2代目社長になると古参社員の給料を下げる事に本当にびびります

皆さんはどうなんでしょうかね?

ただこれからの時代、儲けたらいいという利益追求だけではなかなか企業の継続は難しく、世のため人のための崇高な理念を持って営業活動をしていかないと企業は持たないと感じます

利益と理念の両輪が必要ですね

遺品整理.com


大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

2009年09月24日(木)更新

重職心得箇条

私が今学んでいるアドラー心理学で「課題の分離」というのがあり
人間関係を考える上ですごく救われています

そして昨日、自分で考えた「責任の分離」ですごく心がスッキリしました

本日は「未来の仕事の分離」を試みました

現状の仕事の処理と、同時に未来に向かってやりたい仕事があり過ぎて、最近ちょっとパニックになっていました

今朝その事を考えている最中に、ある人の訪問があり、話をきいてもらいながら分離を行いました

何事も細分化をする事が必要だと感じ、
やっぱり必要な時に必要な人が現れるなぁと改めて感じました

そして経営者は日々忙しくても本当に時間が必要だなぁとも思いました

そこで
佐藤一斎 重職心得箇条を思い出したので書いてみます 

第六条 
「重職は渦中にのみこまれてはならない」

公平に事を行うには、ひとまず渦中から抜け出し、活きた眼で全体を見極め
偏りのない所を採るべきである

第八条
「重職は忙しいと言ってはならない」

「忙しい」というのは恥じるべきである
十分な暇と心の余裕がなければ、重大な事を見過ごしてします恐れがあるから
(忙しいがるのは、重職の責務を全うしていないと自ら吹聴している)

どうして忙しいのか? それは細かい仕事まで自分でしようとし、
それぞれの担当に任せられないので、社員は自ずと仕事をしなくなり
重職はますます忙しくなるのである

とありました

自分に余裕がないのは何かが足りないんでしょうね


遺品整理.com


大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

2009年09月23日(水)更新

社長就任6か月

人があきらめる時、ってこんな感じだと最近思っています

社長就任して6か月経ちました

この大変な時代にどうして会社を存続していこうか?
どうしたら社員のお給料を上げる事ができるのか?
変化するしかない
社員の家族の幸せを願って・・

毎日、毎日、その事ばかり考えていき
たくさんのアイデァを考えたり、手をうちました

でも、「笛吹けど踊らず」
何故、抵抗にあるのか
朝から考えて、
やっと発見しました

まず
当社の部門責任がいくつあるかを洗いだしました

(例えば営業管理、収集業務の中でも部門別、工場、総務、経理など)

自分が考えるに、当社は12部門の責任がありました
その中で僕が部門の責任も持っているのが6部門ありました
(社長業としての理念、将来ビジョン、会社風土、給与支払いなど以外)

そこで
「担当者はいるが責任者がいない」という大発見があり
なるほど、現状伸びきれない、原因が見つかりました

もうひとつ発見したのが、責任をとらない人は仕事に目的意識が薄い事もわかりました

また
(全社員ではないですが)
これ以上変化したくないというメッセージを見つけました

これで全部、つじつまがあいました

会社を変化したいのは僕ひとりのエゴ・・・

仕事の現状安定を望み(めんどく大変になるのがいや)
社員は責任をとって本当に一所懸命になって働いて頂いてます

たしかに営業社員はいりませんね


遺品整理.com

大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

2009年09月19日(土)更新

大前研一

先日大前研一氏の雑誌のコラムの中で

「富の創出」と「富の分配」という言葉にスコンと落ちました

経営では確かに富を「創出」をして「分配」をする事だなぁとシンプルに考えることができました

そう考えると、恥ずかしながら、当社では「富の創出」(売上や利益)関しては意見、不満はなく、「富の分配」(給料、人員配置、設備投資)に関して意見、不満があるようです。

また経営の目的は「顧客に奉仕する事」とも書いてました

確かにシンプルでわかりやすいと思いました

社員一丸となり顧客に奉仕して「富の創出」についても考えれる会社づくりをしたいものです・・

またやっとこの言葉に巡りあえた事は、まさに水が水蒸気に変わるクリティカルポイントの瞬間でした
(水が99.9度から100度に変わると一瞬になくなる)

(温度を下げないように、)
常日頃から会社の目的(共生社会の実現)
を考える事が一番大切だなぁと改めて思いました

遺品整理.com

大阪の産業廃棄物処理 J-PORT
href="http://www.5351.co.jp" target="_blank">有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

2009年09月15日(火)更新

謙虚に生きる

たくさんの方のブログを読んでいただき感謝です

ブログを書いてみて一番よかった事

アウトプットをすることで自分が整理できる
またインプットをし続けないと書くことがなくなるの常に勉強する

ですね

また最近思っているのが

積極的な失敗をする人、失敗をしないようにできる事だけしかしない人がいて

「わくわくして楽しく生きる」のであれば積極的な失敗が必要不可欠と思います
若い人には是非とも失敗して欲しいと思います

僕もちょうど、30歳の時、学生時代のバイト先のオーナー(日本人)にオーストラリアのホテルとレストランを任され、かなり失敗した経験があります

英語ができないのはもちろん、ホテル、レストランの仕事経験もなく、経営経験もなかったのも大変でした
が、一番大変だったのは、前任者との引き継ぎがなく、僕が行った時は、お店は
すでに破産近く、食材やシーツ代もまともに支払っていない状態で、着いてすぐ
取り立ての怖い人が来たり(外人は本当に怖い)、電気を急に止められたり、隣人ともめていたりで、裁判を3つくらいかけられたりすごい状態でした
何より、元の従業員同士が仲が悪く、喧嘩になって警察沙汰にもなったりしました

嫁と一緒に行ってて、本当に毎日嫁と喧嘩して、僕も嫁も精神状態がボロボロになり、1年契約を半年で打ち切って帰国しました
(ひとつづづ、少しづづ解決をして最後はちょっといい感じになりましたが・・)

人生で挫折感を初めて味わって、数年立ち直れませんでした
5年ぐらいたって、やっとその事を受け入れる事ができました

そして今となっては貴重な財産と思えるようになり、当時は騙されたと恨んでいた
オーナーに感謝をできるようになって、先日その事を伝える事もできました。

今思うと、何もできない若造の僕によく任せてくれて本当に感謝、感動です
多分そのオーナーもその時は僕が何もできないのも知っていたと思います

そして、その失敗をして本当に謙虚になりました
あれがなかったらひょっとしたら、世間知らずの
偉そうな2代目になってた可能性があります


守って、失敗しないように生きるのもありですが
同じ守るのも、生活を守る人は理解できますが、プライドを守って何もしない人はいつまでも偉そうです

失敗して、その事を受け入れて、初めて人は謙虚になれると思います

そして僕もできるだけ若者のチャレンジを応援する人間になりたいと思っています

遺品整理.com


大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

2009年09月12日(土)更新

論語

僕は迷った時には「論語」を読みます

そして感動した句を何個か紹介します

「子曰く、学びて思わざれば則ちくらし。思いて学ばざるは則ちあやうし。」

よく勉強好きな方はいますが、実践がないと・・・つまらない人
実践ばかりで、学んでないと・・・ 大丈夫か?
という事ですが

当社でいえば、産業廃棄物の知識ばかり勉強していて、現場を知らないと
お客さんに対して説得力に欠けるし、
しかし、ずっと現場ばかりして、法律をしらないと非常に危ういです

当社も現場運転手もこれから「廃棄物管理士」資格を全員取るように今年から受講してもらっています

あと
私が迷った時には

「小善は大悪に通じ、大善は非情に似たり」を思い出します

第2次世界大戦でイギリス軍がドイツ軍の暗号を解明できていたにも関わらず
イギリスの小さい町がドイツ軍に攻撃された、
ドイツ軍の暗号をまだイギリス軍が解明されていないと思い、ドイツ軍が
大きな攻撃をかけた時、実はすべてイギリス軍は暗号を掌握して、大逆転につながり、イギリス軍が大勝利したと
昔、ラジオの「竹村健一のずばりジャーナル」で言っていてこの事を学びました


餓えた人にパンを与える事もいいが、もらった人はそれ以上の成長はない
パンの作り方を教える方がその人も生きていく力が付くだろう

ヘルプとアシストの違いも同じ意味でしょうかね

あと
「君子、和して同ぜず、小人、同じて和せず」
「君子、周して比せず、小人、比して周せず」
「重からざれば則ち威あらず、学べば則ち固ならず」

がよく使います


遺品整理.com

大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

2009年09月09日(水)更新

事業継承

先日、僕をスルーして父親が軽トラックの購入を決めたみたいです
(業者さんは父と交渉していたみたいで、たまたま電話したら、会長に話があって
社長は関係ありませんとまで言われてしまって・・・)

だた、私も父に最近は仕事の事は何一つ相談していません
(聞くと「僕は何でも知っている」と言われ、私の考えを否定され挫けてしまうので・・)

父に相談する事はいいことで、阻害しているのは悪い事
(それも全部わかっているのですが・・・)

腎臓透析している父の寂しさや自分の居場所、存在感をアピールするのもすごくわかるし・・・

そしてもちろん、生きていてくれているのにも感謝です

父の生きている間に交代できる事は幸せと言ってくださる人もいるし・・・

でも、後方支援をしてくれるのが、一番ありがたいと思ってしまいます

もし自分が後輩に社長を移譲する時は、そうしたいです

私は、自分が~、の「が」でなく、みんなで~ の「で」 おかげさまで の「で」
の生き方をしたいです

昔の人は元気ですごく頑張って「が」がないと生きていけなかったのかも知れませんが・・・

遺品整理.com

大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ
次へ»

201312271315_1.jpg

会社概要

昭和29年創業 平成7年法人化

詳細へ

個人プロフィール

趣味 旅行、サックス、ダイビング

詳細へ

バックナンバー

<<  2009年9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • chanel perfume from chanel perfume
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES SCARF from HERMES SCARF
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • Hermes Belts from Hermes Belts
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES PARFUME from HERMES PARFUME
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • hermes bag from hermes bag
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂