大きくする 標準 小さくする

2015年10月30日(金)更新

従業員教育

昨日は大阪府産業廃棄物協会の機関誌「Clean Life」
の会員紹介の連載の取材を受け

通常、大きな会社が取材を受ける事が多いのですが
何故か弊社に・・・

質問は

「サービス業としての産業廃棄物業とは?」
とか
「御社の得意分野は?」
「どのような従業員教育を?」
「会社をどのような形で発展させていこうと思っていますか?」
「どんな気持ちで働いておられましたか?」
「発展していく上で一番大切な事は何だと思われますか?」
「社長の夢を聞かせてもらえますか?」

など
普段あまり聞いてもらえない質問で
(弊社に物を売りに来られる人、銀行の方々は
僕の話を聞いてもらえますが・・・)

聞いてもらえて幸せです
色々話しましたが
いい事言っても読者に響く事は少ないとは思います

僕の夢を同業社さんが聞いても・・

ただ
弊社の取組で
皆さんが驚かれたのが

「早朝勉強会」

営業勉強会が2回、産廃塾が1回
朝7時半~8時まで週3回行っています

講師は営業は僕、産廃塾は社員にやってもらっています

営業塾は
僕の仕入れた最新の情報と
基本的な弊社のルールづくり

僕も「仕入れ」には
多額の資金を使っていますので
自分でいうのもなんですが
値打はあると思います

産廃塾は
現場で間違いを起こさないように
危機管理のため法令を現場若手社員中心で行っています
201510302031_1-300x0.jpg
201510302031_2-300x0.jpg

「勉強しろ」
というのは簡単ですが
それでは誰も絶対にしないと思います

なので弊社では
「寺小屋式」
で行っています

そして
従業員教育は
量の二乗×質
との事で

弊社は「量」を重視しています

そしてやっとの事
効果が最近でてきて
本当にうれしく思っています

でも実はその前に大切な事は

「心のコップを上に向くことができるかどうか?」

いくら水を入れても
コップが下に向いているのであれば
何も入らないと思います

ではどうしたら
心のコップを上にできるか?

それは・・・
弊社が成功したらお話します

2015年10月22日(木)更新

2つの人の上に立つ人の大切な資質

山下くんコメントありがとうございます
ブログ読んで頂き感謝です

そして
新工場が
業界新聞の「循環経済新聞」の一面に載せて頂きました

本当に小さい工場なので恥ずかしく
最初、お断りしたのですが・・

その業界紙の記者さんいわく
「いくら大きな会社の施設を載せても弊社の読者層には
関係ないと思われひびかない
ジェイポートさんくらいの会社が一番
読者さんに興味を持たれる」
とのことでした

「なるほど」と思い
業界人への「勇気づけ」のため
恥を忍び載せて頂きました

でも載せて頂くことで
弊社社員にも励みになったり

本当にありがたく思います
201510222113_1-300x0.jpg
さて
先日致知出版社さんの「徳望塾」へ出席して

「人の上に立つ人の資質に大切な事が2つある」
との事

一つは「才幹」
いわゆる才能、能力
リーダーでいうと時の流れを見抜く眼

そして「徳望」

弊社の社員は
僕が「とくぼう」というと
「得望」と書いてましたが・・・

いわゆる「人徳」
信頼感に基づく人間的魅力

どちらが大切が言えば

古典の「大学」の中で
徳は「本」なり、才は「末」なり

優先順位を持った人が「人格者」
との事

人事で失敗するのは
才と徳を一緒にする
その事がわかっていないとの事でした

「杭打ち偽装」の話が巷の話題ですが

いくら外観がよく設備が整い
内装も最高なマンションでも
基礎が悪いと何の値打もなくなります

マンションでも人間でも
見えるところに「魅力」をどうしても感じますが

やっぱり見えない「基礎」が大切ですね


 

2015年10月14日(水)更新

社員旅行

この連休は伊勢鳥羽へ35年ぶりの社員旅行でした

 

「何故35年前から社員旅行がなくなったか?」

 

当時の運転手が宴会の際、酔っ払って

社長である父に絡み、お膳をひっくり返した

という事件があったとのことです

 

父が家に帰ってきて

「もう絶対社員旅行はせん!」

「銭払って絡まれてアホみたいや」と・・

 

それ以来、弊社では封印としていましたが

昨年よりある人のアドバイスで

社員の一体化を図るには

社員旅行をやった方

いいというアドバイスを頂きました

 

弊社は裕福な会社ではないので

積み立てを募った所

ほどんどの社員が毎月3000円の積み立てを

一年してくれました

 

今回はすべて

社員さんの積み立金で賄う企画

 

会社からの補助はゼロ・・

 

それにも関わらず

多くの社員さん達に

出席して頂き

これほど嬉しい事は

 

そして旅行ができるのは

自分自身、自分の家族、そして会社と

健康でないとできないので

本当に感謝です

 201510141818_1-300x0.jpg
まずは伊勢神宮参拝

いきなり!

歩行規制がかかり
15分くらい立ち往生
人がどんどん増え
「いきなりなんでやねん!」
と心の中で思っていると・・・

な、な、なんと安倍首相が参拝へ

そして目の前を通り「ハイタッチ」

怒りを忘れて浮かれてしまいました

201510141818_2-300x0.jpg
みんなもハイテンション!
201510141818_3-300x0.jpg
201510141818_4-300x0.jpg
無事に参拝も終わり
201510141818_5-300x0.jpg
宴会へ お決まりの浴衣姿
201510141818_6-300x0.jpg
そして念願の一泊後の朝の記念社員
201510141818_7-300x0.jpg
そして二見浦の夫婦岩でおみくじ
201510141818_8-300x0.jpg
二見シーパラダイスでパラダイス気分
201510141825_1-300x0.jpg
ショーに出てセイウチと遊ぶ社員も
201510141825_2-300x0.jpg
昼食は海辺で海鮮BBQ!
201510141825_3-300x0.jpg
そして記念写真
201510141825_4-300x0.jpg
幹事様 お疲れ様でした!
201510141825_5-300x0.jpg
そして やっぱり最後はこれ

2015年10月13日(火)更新

此花リサイクル工場 グランドオープン

先日 9月28日に弊社此花リサイクル工場がグランドオープンいたしました

9月11日の大安に許可を取得
9月28日の大安に営業開始

縁起を担ぎまくりの社長ですが
本当に日本ばれのスーパームーンの日で
忘れらない日になりました

予算の関係上
最少の設備しか今はできませんが

何とか「中間処理」という許可を
取得でき

まずは一里塚になりました

許可申請の際
よく行政の人から
「小さすぎる」と指摘されましたが・・

とにかく
「予算がない
だったらお金かしてください」
と懇願するしかなく・・

まぁ規定の最小限のサイズで
許可取得させて頂きました

でも
念願かなって本当にうれしいです

201510132114_1-300x0.jpg
外観です
201510132114_2-300x0.jpg
荷物初搬入
201510132114_3-300x0.jpg
作業開始
201510132114_4-300x0.jpg
破砕機が動きだし
201510132114_5-300x0.jpg
みるみる破砕され
201510132114_6-300x0.jpg
出来上がり

2015年10月01日(木)更新

経営者の3つのステップ

先日は横浜で行われた盛和塾世界大会へ出席してまいりました

 

その中の稲盛塾長のお話の中で

倒産した日本航空の再建はたった2つを導入しただけだったとのこと

 

その一つが「京セラフィロソフィー」

もう一つが「アメーバー会計」

 

塾生の中で今うまくいっていない会社があるなら

それはフィロソフィーを血肉化できていない

 

我々のような零細企業と一部上場企業では天と地ほどの差があります

京セラフィロソフィーなんて使えるはずがないと

思っていましたが・・

 

稲盛塾長いわく
「それは関係ない」

 

ただ個々の経営ステップで活用方法が違うだけ

 

第一ステップは

「必至に一生懸命に働く」

トップが率先垂範しないといけない

 

この時点でフィロソフィーもアメーバーも必要ない

とのこと

 

まずは経営者が必至で命懸けで働く

 

「なぜ自社の経営はうまく行かないか?」

「黒字がでないのか?」

とモヤモヤ思いながら会議に参加しましたが

 

いきなりハンマーで頭をどつかれた感じで・・

 

基本もっと経営者が働かないと

という反省です

ここでアウトでした

 

そして

第二ステップは

「社員一人ひとりを説得して社長の信者にする」とのこと

 

あの社長のために頑張ると

社長にほれ込ませる

とのこと

 

説得する表現、「言葉」を使って語り掛ける言葉が大切

社員の心を揺さぶる「言葉」を選んで使う

 

そうすれば社長と社員一人ひとりが一体化できるとのこと

 

これは僕にとっては一生無理ポイですが

せっかく経営者として生まれ

稲盛哲学に触れたご縁もあります

 

「強く思えば思いは叶う」と思っていますので

おこがましいですが

思うことにしてみます

 

まずは第一ステップで背中を見せて

社員から尊敬されないと絶対無理ですね

 

そして第三ステップとして

「損益計算書を使いこなしフィロソフィーを数字に落とし込む」

 

現場の数字を読み取り

事業をどうしたいのか?

人間として何がただしか?

社員とともに繰り返し愚直なまで学び続ける

とのことでした

 

ここまでこられれば神の領域です

 

とにもかくにも
まずは精魂込め働くことですね

 

201312271315_1.jpg

会社概要

昭和29年創業 平成7年法人化

詳細へ

個人プロフィール

趣味 旅行、サックス、ダイビング

詳細へ

バックナンバー

<<  2015年10月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • chanel perfume from chanel perfume
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES SCARF from HERMES SCARF
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • Hermes Belts from Hermes Belts
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES PARFUME from HERMES PARFUME
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • hermes bag from hermes bag
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂