大きくする 標準 小さくする
次ページ

2011年01月14日(金)更新

勇気の素

たまたま船井幸雄氏のツイッターを読んでいたら・・・
次の文が目にとまりました


人生にはくぐらなければならない修羅場があります。それをいくつ乗り越えたか、どう乗り越えたかで、人間の大きさ、器量といったものが練られてきます

自分は人間としてどう生きるかという人生の指針がしっかりと定まっている人は、どんな困難にぶち当たり、くじけそうになっても、自分を見失わずにすぐに立ち直ることができます。

「お金を儲けたい」「偉くなりたい」。千人には千人の生き方や考え方があるでしょうが、根底にある哲学によってそれらは大きく変わるものです。つまり、何のために金儲けがしたいのか、偉くなりたいのか、その目的を明確にしていないと、単なる我欲を満たすだけの人生で終わってしまいます


何故このような言葉にひっかかったのか?

経営をしていると大きな波が色々打ち寄せてきて
決断に迫られます

修羅場になればなるほど
自分の癖がでます

冷静に自分を分析すると

「わかってほしい」

「うまくいかないと人と自分を責める」
「もっと解れよ~」反省を促す

そして最終的には人をあきらめる

と、いう事は自分の課題は
「わかってほしい」という事で

説明不足であり確認不足
あと
結果主義?
信頼不足?
寂しがり屋?

7つの習慣を読んでいると

第2の習慣
「目的を持って始める」
第6の習慣
「理解してから理解される」

答えは本にたくさん書いてあるのですが・・・

今思っているのは人類全員にわかってもらえるはずもなく
全員に好かれることもなく

まずは今現在でも
わかってくれている人もたくさんいるので
プラスを見て大切にすれば
視界が広がるかも
と思っています

そうすれば一番大切な自分の指針
に戻れるような気がします

主体性を発揮するには「勇気」が必要で
勇気の素は「仲間」ですね

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

遺品整理.com

ihinseiri_lpo_banner.jpg

2010年07月30日(金)更新

パワースポット

先の日曜日に自分のパワースポットを見つけました

滋賀県にある叶匠壽庵さんという和菓子やさんですが
庭園もあり、川床テラス、絵の展覧会あり、本当に癒されました

shiga1

shiga2

入場するといきなり茅葺屋根の案内所で銘菓「あも」とお茶をサービスで頂きます

shiga3

お屋敷で展覧会

shiga4

深呼吸して

shiga5

shiga6
川床カフェ涼しいです

shiga4\7

氷宇治金時最高です

shiga8

最後は信楽温泉 多羅尾の湯で ゆったりと

7つの習慣
第7の習慣「刃を研ぐ」の実践でした

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

遺品整理.com

2010年07月21日(水)更新

遺品整理

当社の新しいサービスが「遺品整理」です

ihin1
整理前

ihinn
整理後

遺品整理業者はたくさんありますが

本来法令上では
遺品の処分は一般廃棄物になりますので地方自治体が処理責任があり
その処理工場まで収集運搬できるのは排出者、地方自治体、もしくはその自治体に許可を受けた一般廃棄物収集運搬業の許可業者になります

昨今、テレビドラマでも「遺品整理屋は見た」という番組がありますが
あれはおそらく業まがい行為です

買取業者や引っ越し業者がどんどん不用品を運んでいます

これは法令上グレーな部分で

買取業者は収集料金を含めてお客様へ1円以上の金銭の支払がないと
廃掃法違反で

引っ越し屋さんも予め廃棄物という事をわかっているにも関わらず運ぶと
廃掃法違反です

悪徳業者が増えていますので
ご注意を

2010年06月19日(土)更新

主体的に動く

すごい本に出会いました

それはロジャー・コナーズ、トムスミス、クレイグ・ヒックマン著
主体的に動く(オズの魔法使いに学ぶ組織づくり)

これはすごい!
アメリカで50万部のベストセラーらしいです

本書は
「どうすれば社員はもっと主体的に動けるのか?」
変革とスピードの時代、勝敗を決めるのは
社員一人ひとりのアカウンタビリティーの育成だ!

と表紙にあり思わず買いました

成功と失敗、優良企業と凡庸企業をわけるのは一本の細いラインがある

ライン下の人たちは
言い訳、他人への非難、混乱、あきらめの被害者意識の悪循環に陥る

(被害者意識にとらわれている人と組織の考え方)
「私の仕事ではない」
「私のせいではない」
「様子をみよう」
「何をしたらいいか教えてほしい」
「私ならそんなふうにしない」

ライン上の意欲をもって努力し続ける人たちは

「現実を見つめる」→「当事者意識をもつ」→「解決策を見出す」→「行動に移す」

という好循環になり幸せになる

という本です

それはすべて「オズの魔法使い」の物語が教えてくれているとの事です

自分たちが欲しいと思っていた
「知恵」、「心」、「勇気」、「仲間」、
実はすべて自分にあった
それに気づくのには旅が必要だったということです

ない事は受け入れ、当事者意識を持って、解決策を探し、行動する

自分の考えや行動、そして自分が導く結果を自分で責任をもって引き受けない限り
、自分の運命を制することはできない

そんなラインの上の人がたくさんいれば会社は繁栄するということです

シンプルです

そんな人をたくさん育てるのが社長の仕事ですね

2010年06月18日(金)更新

近江商人

じぶけんさんコメントありがとうございます

確かに自分から仲間と思う事が大切ですね

さて本日は㈱船井総合研究所の一般廃棄物業者の研究会へ東京へ行ってきました

船井総研の基本は
「勉強好き」「素直」「プラス発想」
本社を訪問する度に自分の行動をチェックします

松下幸之助さんも晩年に大切な心は「素直」と
「わしはまだ素直は初段や」と言ってられたらしいです

本日勉強したのは
売上=客数×客単価

今の時代、客数が増えるわけでもなく
客単価を増やす=サービスメニューを増やす
事が求められます

例として
ある布団屋さんで今一番売れているのが「ハーブ茶」
いわゆる布団だけを売るのは限界があり
その布団屋さんは「睡眠」をプロデュースして
「ヒーリングCD」「照明器具」なども売れ
大幅アップしているらいです

そういえば
近江商人の家訓で
「蚊帳を売ると思うな 涼を売れ」
というのがありました

今も昔も変わりませんね

そして今帰りの新幹線ですが
自分達は何を売ろうか?
を考えながら帰りたいと思います

2010年06月12日(土)更新

FREE

昨年に立ち上げたポータルサイト遺品整理.comですが登録業者数が150業者を超えました

遺品整理.com

が、肝心な遺品整理の仕事の引き合いがあまりないみたいです・・・

遺品整理のネット時代はまだ早いのか・・・
それともサイトに魅力がないのか・・

ちなみにSEO対策もしているので「遺品整理」のキーワードで
Googleでトップページ(それも全国2位)なんですが・・・

そして登録業者からも料金は頂いてなく
今、流行りのFREEです
この0円ビジネスがこれからのネットビジネスの方向とクリス・アンダーソンの本
FREEにもありますが・・・

本当実際、この投資をどうして回収すればいいか?

大赤字で迷います・・・

でも全国の遺品整理業者のグループを作って
情報共有や次の戦略をみんなで考え
このビジネスが社会に認知されるビジネスにするのが
僕の一つの目的でもあります

(できれば一般廃棄物業者でやりたいのですが
あまり登録はないみたいです・・・)

ですので
現在はボランティアでもいいかなぁと思ったりします

ゆくゆくはお金もうけにも発展できればいいなぁと思っていますので
知恵を貸してください

2010年04月29日(木)更新

会社の洗濯

本日は会社の工場の『洗濯』を行いました

朝から3つの工場の大清掃を行い
本当にきれいになりました

いつもこれくらいできればいいと思います

昨日までは社員が自主的に掃除をする事を待ってました
僕はイライラ感で一杯でした

今日は僕が先頭に立ってやりました
おかげで社員たちとコミュニケーションがとれ
社員たちは一生懸命動いてくれ成果もでました

自分が先頭に立ってやると「やった感」もあり
社員と「一体感」を持つことができます

ただ
これが欲しいものか?・・
自分のしたい事か?・・・

中小企業はこれでいいのか?

何が正解かはわかりません・・

ただ今はなんとなく心地いいです

2010年03月31日(水)更新

遺品整理 その2

いよりんさん 下記のコメントありがとうございます

遺品整理=不用品処分

というのが遺族の感情的には
どうでしょうか?
不用品と割り切れたら捨てられるけれど
割り切れないので捨てられないような気がします。


まさにこの事で今ジェイブリッジが迷っています
コメント最高です
助かります

「遺品整理の定義」
不用品処分なのか?否か?

元来、法律的に一般家庭の「不用品処分」というのは市町村に処理責任があり
処分品を運ぶ事ができるのは市町村自体か
もしくは市町村に認可された一般廃棄物収集運搬業者のみです

同じように「遺品整理」というのは一体何に当たるのか?

お亡くなりなられた方々の遺品を処分するので
厳密にいえば「不用品処分」で一般廃棄物業者しかできない仕事です

しかし不用品と思えない遺族の方がたくさんいるのも事実です

そこで「遺品整理」という言葉ができ専門業者が現れたのではと思っています

ニーチェの言葉に
「本当の独創的な人間とは既にみんなの目の前にあるのに気づかれていないものを
それに名前を与えられる人の事である」

今では一般廃棄物許可業者以外の業種の会社(便利屋さんや引っ越し業者)
が蔓延し、ネットの検索エンジンの「遺品整理」では一般廃棄物業者は、あまり出てこないのが現実です

実態は無許可営業ですので行政に抗議もしましたが、なかなか本腰を入れてもらえなく
当社は20年以上前より「不用品処分」という
実質「遺品整理」(独居老人の亡くなった後の片付け)を行ってきましたが、
正論を言っている間に、どんどん市場を取られています

で、自分達がどうするか凄く迷います
そしてその想いでこの「遺品整理.com」を作ったのですが・・・

遺品整理.com

自分達も整理業者になってライバルの便利業者や引っ越し業者に負けない遺品整理サービスを行い、かつ一般廃棄物業者として適正処理をする

それが我々の生きる道です

2009年12月09日(水)更新

ジェイブリッジ

近安さん コメントありがとうございます
嬉しいフィードバックです

本日もブログを読んだという方が訪ねてくださりました
本当にブログで人生が変わるかも・・という感触を得ています

さて、昨日アシスタントをしているビジネスセミナーでミーティングで
こんな話が題材にでました

ある村がありました
その村には水がなく大変不便を感じていました
何キロか離れた村に水が湧いて出る所があり
村の長老がその水の権利を持って村民に有料で供給していました

その長老が引退するので次に権利を引継ぐ人を募集しました
水を運ぶのは大変な仕事で立候補者が現れなかったのですが
若者が2人手を挙げました
一人はがっちりとした体格で一人で頑張るエネルギッシュな青年と
もう一人は村民に信頼はありましたが、貧弱な体の青年でした

長老は決め切れず2人に権利を渡すことにしました

がっちりとした青年は大きな桶を購入し、その日から
せっせっと毎日何回も水を勤勉に一人で運びました
村の人はたくさん水が来るので大喜びで、
そのがっちりとした青年も一年で大金を掴むようになりました
でもちょっとお疲れ気味・・・

もう一人の貧弱な青年はというと権利を貰った日からその村を離れてしまいました

そしてまた一年・・・

そのがっちりした青年はまた一人でせっせっと運び、もっともっと大金を掴みました
しかし体も精神もボロボロになっていました・・・

もう一人の貧弱な青年がやっと2年が経ち帰ってきました

帰ってすぐ仲間の村民に何か相談を持ちかけていました
何日か経つと
あっという間に水が湧いている村からの水路ができ

水のない村は水に困らなくなりました
そしてその青年も権利収入をえる事ができました

その貧弱な青年は2年間土木工事の勉強をしていたとの事でした

どちらの生き方をしますか?
というのが問いでした

しかし
「どちらがいいというのではなく、どちらも大切だ。
水路ができるまでの勉強していた二年間、そのがっちりした青年がいないとその村には水は来なかった。チームを組めばいい」
と言う人がいて
まさにその通りだと思いました

まさにこの手の話はよく世間である話です

当社でも同じ事が起こっていて

古参社員はその日その日の仕事を一生懸命に働いてくれる人が多く、
別に明日の事を考える必要もなく目の前の仕事に不満を言ったりもしながら
でも勤勉に誠実に働いてくれています

ただ業界や日本の将来を考えるとこのままではいけないと危機感を感じ
先手先手を打って、それこそ土木工事の勉強をするのが必要不可欠だと
僕は思っています

そして僕はその事を若い人間にして貰いたく、「㈱ジェイブリッジ」を創立して
若手社員に託し、きたる日に備えています


しかし勤勉に働く人々にとって
明日の事を考えているのは何をやっているのかわからなく
遊んでいると見なします

古参社員からはなかなが認めてはもらえないのが現実・・

僕はどちらも大事だと思っています

説明してもわかって貰えず、若手社員はさみしい思いもしているとは思いますが
いずれ水路ができるというのを信じて頑張ってほしいです


大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

遺品整理.com

2009年11月30日(月)更新

かたづけ名人

10月から若手社員にプロジェクトを任せているジェイブリッジの「片づけ名人」
ですが、なかなか売上も上がらず前にも進みません

彼の目的は「儲ける」そして「楽する」

僕の目的は「イキイキとした人を育てる」

なかなか相乗効果が生まれない現実があり

7つの習慣 第六の習慣「相乗効果を発揮する」には目的の一致が必要だと改めて思います

この先どうしたらいいか迷っています
ただ彼は壁を乗り越えるために、色々な人や自分の彼女と相談する機会が増えたみたいで、ある意味上手くいっているようにも思えます

また仕事を貰う事の大変さは身に染みたようで
「仕事がある事は決して当たり前でない」事がわかってくれただけでも僕の目的は少し達成です

そして どうしても僕の方針が彼には伝わらない毎日でしたが、
方針をもっともっとシンプルに伝えないと分かってもらえないと気づき、
ジェイブリッジは「誠実」でないとジェイブリッジではないと伝えました

ジェイブリッジの義 それは「誠実」である 

多分この事がこれからこの会社をやっていく上で一番大切な事だと思いました


大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

遺品整理.com
次へ»

201312271315_1.jpg

会社概要

昭和29年創業 平成7年法人化

詳細へ

個人プロフィール

趣味 旅行、サックス、ダイビング

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年12月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • chanel perfume from chanel perfume
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES SCARF from HERMES SCARF
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • Hermes Belts from Hermes Belts
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES PARFUME from HERMES PARFUME
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • hermes bag from hermes bag
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂