大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2019年02月01日(金)更新

誕生日

昨日は私の52歳の誕生日を迎える事ができました

なんの因果か私も妹も月末生まれ

弊社は昔から給料日は月末のため
子どもの頃には自分の誕生日に
従業員の方が家に来られ
プレゼントも頂いたり
ある意味ラッキーな生まれ日でしたが

自分が経営者になると・・

月末ほど嫌な日、ドキドキする日はありません

ちょっと前の弊社の昔話では
全運転手の給料は歩合制でしたので

少ないとブスっとされ・・

次の日はこちらから挨拶をしても
ぷいと無視をされた時代もありました

今は全社員月給制なので
ブスっとされることはなくなりしたが

処理費や給料など月末払いが多く
月末日は毎月ドキドキする日々なので
誕生日どころではありません

なので月末は・・

と思うのですが

昨日は

全社員より手作りのメッセージツリーと

大好きなワインを頂き
本当に社長になってよかったなぁと
思える日になりました

誕生日は
両親にも感謝の日です

そして
従業員にも感謝

そしてこのような日を迎える事ができるのも
一番はお客様あっての事だと思います

本当にありがとうございます






 

2019年01月31日(木)更新

経営者の名言

名経営者には名言があります

松下幸之助氏
「逃げるに逃げられない 死ぬに死ねない 素直になるしかない」

稲盛和夫氏
「謙虚にして驕らず」

先日弊社にお越しになられた
小山昇氏も
「いつか いつか と思うなら 今」



と色紙に必ず書かれる言葉があり

それぞれ経営者人生でご経験された言葉なので
本当に重く
凄いなぁと思います

お釈迦様も
「今のあなたが今のあなたの運命にふさわしい」

自分の生きざまが問われます

私も社長に就任して今年4月で10年になります

今日現在を迎えらえることに感謝ですが

振り返ると

当時の従業員に対して至らぬ点が多々あり

申し訳なかったなぁと
反省しております

今年は「リセット元年」という年ですので

反省をポジティブな言葉に変え

自分の座右の銘を作れれば
いいかなぁと思っています



 

2019年01月26日(土)更新

社員総会

先日社員総会が行われ

社員の各表彰があったり目標の発表があったり
和気あいあいとした時間が過ぎていきました

これで7回目になります
最初は
私と妹で企画準備設営から運営、後片付けまで
二人で全部やっていました

もう終わればクタクタでした

それが
今年は全て社員さんで行われ
本当の意味での社員総会になり
やってきてよかったと思う今日この頃です

毎年同じ時期の
新年の第一土曜に行うので
定期的に弊社の状態を振り返ることが
できます

そう思うと
自分が社長になった10年前の就任あいさつで

「みんなの会社にします」
と宣言してから

社員総会→社内木鶏会→社員旅行→早朝勉強会→環境整備→経営計画発表会

ベクトルを合わせるため
7年の
怒涛の改革を振り返ると

ずっとついてきてくれている社員に
感謝だなぁと
思う今日この頃です

弊社去年の10大ニュースの一番は

「社内結婚」
でした

あとは社員旅行が上位に



世の中
「いい会社」「悪い会社」はありません
「いい社長」と「悪い社長」があるだけです

いくら優秀な幹部や社員がいても

決定を間違える「悪い社長」が経営すると
「悪い会社」となります

気を引き締めて
今年も経営をやっていきたいと
思います







 

2019年01月24日(木)更新

ボヘミアンラプソディー

年は台風、地震と天災が続く大変な一年でしたが、
今年は己亥(つちのとい)八白土星という年回りで
ズバリ「リセット元年」と言われています。

4月には新しい元号が発表されるようで
これを機に今までの概念や常識をリセットするのもいい年ですね


先日今話題のボヘミアンラプソディーを観てきました
学生時代はよく映画を観ていましたが
最近は飛行機の中くらいで・・

ただ経営者の仲間が
今年は「生き方」が問われる時代
まずは予習で
というので久しぶりに映画館へ

クィーンのフレディ・マーキュリーの生涯で
70年代後半から80年代前半の洋楽が
ど真ん中で何回は涙しました

一つの曲づくりにあれだけ
情熱をかける

自分が
忘れていたことで
生き方とは「情熱」であると
改めて感じました

京セラの名誉会長稲盛和夫氏の
人生の方程式
「人生の結果=考え方×熱意×能力」
を思い出しました

2019年01月10日(木)更新

小山昇氏来社

本年1月7日は経営の師匠の小山昇氏に
弊社に来社いただきご指導を直接受けました

小山昇さんは日本経営品質賞を2度受賞された
株式会社武蔵野の社長様で
毎月のように経営者向けの本を出版されて
おられる方です

このようなチャンスは一生で二度とないので
ご訪問が決まった半年前から
気が気でなく・・・

正月は頭の中は訪問の事ばかり
風邪をひいてはいけないと・・・体も心も緊張し
ろくろく休めなかったのですが・・

当日を迎え
(風邪はひかないですみました)

待ち合わせの30分前より駅で待ち
(いつ来られるかわからない 多分30分前という情報が前日入り)

結局は時間通りに無事来られ

来られてからはすぐに指導が始まり
怒涛の2時間・・・

内容はここでは話せない事が多いですが・・

多くのご指摘を頂きました

結局

経営者は

「社員が幸せになるにはどうしたらいいのか?」
「お客様の気持ちであり続けなればならない」

の2点を常に考えなければならない

しっかり学びました




 

2018年10月31日(水)更新

社内禁句

いいことも悪いことも繰り返せば上手になる
人間は「習慣の動物」だと思います

早朝勉強会で7つの習慣を勉強しています

第一の習慣は
主体性を発揮する

弊社の「社内禁句」は




「あの人悪い人」
「私可哀そうな人」

主体性の反対

依存する人の口癖です

特に
「-」の言葉や態度の習慣は上手になる

責任逃れをしたり
人にせいにするのは
本当に達人がいます

ですが

稲盛和夫氏曰く
人生の方程式=考え方×熱意×能力

中でも
考え方が一番大切

方程式は掛け算なので
考え方が「-」であると
答えが「-」になる

なので
いい人生を送ろうとすれば
「積極的な心」「正しい心」が大切
とのこと

「形から入って心に至る」
無理からでもいいので
「プラス発想」で行こうと思います




ちなみに弊社幹部のNGワードは
「どうしましょうか?」

常に
主体性が問われる嫌な会社ですね
 

2018年10月24日(水)更新

座右の書

本日の早朝勉強会で
人生の座右の書に出会えるのは
100冊に一冊という話があり

私も何百冊と本を読んでいますが
本当に数冊です

その一冊が
「マスターの教え」という本です

「思考は現実になる」
世界の名著は大体同じことが
言葉を変えて書かれています

人間はやりたいことを具体的な目標にして
強烈な願望を持って毎日願えば
叶うもの

それを実践する

それしかないと
改めておもいました

私は会社経営をしているので
目標設定と
結果が分かりやすく

10年前
私の夢、目標は
「社員の家族と盆踊り」

当時
一生できないと思っていました

しかしながら
毎日願っていたら
3年前に行われた弊社の新工場竣工式で
見事クリア

その次の目標を前倒しました
それは
「社内結婚」

これも一生あり得ないと思っていました

が、これも今年4月に見事クリアできました




お客様の声でも
「社内結婚が初めてでましたなど親近感がありますね」と・・

「怖いイメージの産廃業社のイメージを変えたい」
これが父の会社を継いだ目的の一つですが

これも
うまくいきだしました

実践が大切

でも

その前に書かれたことを

「素直」に信じること

は本当に大切なんだなぁと
改めて感じています

次の目標はありますが
あまり人に言わないというのが
その名著に書かれていたので
置いときます




 

2018年10月23日(火)更新

集客のヒント

先日は組合の研修旅行で
NHKの西郷どんも佳境に入った鹿児島へ行ってまいりました

どこもかしこも「西郷どん」

生誕地も観光

しまいにはレンタカー屋さんも
「おいどんレンタカー」

本当に一人の英雄で街の産業が
成り立つんだなぁと
改めて凄さを実感しました

西郷どんには人は集まるが
大久保さんにはあまり・・
研究をして
集客のヒントにしてみたいなぁと思います

また
人が集まると言えば高野山

弘法大師の高野山もいつも感じるのは
毎日の巡礼者からの
お布施やお札など
おそらく何百億円以上の産業だと思います

富士山も
一つの山に見て感動するために
全国から集まることで
これも何兆円はくだらないあとおもいます

と思うと本当に「シンボル」とは

やはりNO1で
雄大で
きれいで厳かでないといけないのかぁと
思った今日この頃です

ちなみに日本一の火山の桜島も
厳かで魅力的でした


おまけ

鹿児島中央から指宿まで列車で行ったのですが
最高にリラックスできました






 

2018年10月16日(火)更新

イノベーションとは

今年は本当に小さいころからの憧れの方々が逝去されて
寂しさを感じます
年少の頃樹木希林さんと西城秀樹さんのコンビ
は、一番好きで
寺内貫太郎一家での
おばあちゃん役は本当に楽しかったです

また元横綱輪島関にもドキドキされました
千秋楽の日曜日
必ずといっていいほど
北の湖関との大一番で
テレビを最後まで見れず
途中で変えてしまうほど
興奮してました

せっかくなので
「何故僕はこの3人の人を好きだったのか?」
ということを掘り下げて考えてみると

キーワードを一言でいうと
「イノベーション」

そして「自由」「楽しい」

何故30前後の女優がおばあちゃん役なのか?
何故力士がリンカーンに乗って場所入りするのか?

自分の演出方法をよく知ってられ
またかつ
人生を楽しんでられたように
思います


今年の夏にあるセミナーで
沖縄合宿した時に
108つの欲を書き出し
それをもとに
「自分の未来の年表」を作りました

その時に気づいたのが

「人と違うことが大好き」
「実は派手が好き」
そして
「窮屈が大嫌い」

「働き方改革」が終われば
その延長線上に
「生き方改革」になる

また違う言い方をすれば
「働き方改革」は「生き方改革」そのもの

とセミナー講師がおっしゃってられて
ましたが

「自分はどんな人生を歩みたいのか?」
自分の生き方をはっきり明確に決め

その後
「どんな会社経営をしたいのか?」
と自問自答をして
会社経営をしていきたいと思います

樹木希林的
輪島的
西城秀樹的

この方々生き方は
すごくヒントになり
影響を受けた方々だったと改めて思いました

ご冥福をお祈りいたします


 

2018年09月13日(木)更新

人生の目的

致知9月号にあったコラムからの抜粋です

侍ジャパンの監督を務められた小久保裕紀さんが
イチロー選手について
忘れられない思い出があると毎日新聞にありました。

小久保さんがプロ2年目に本塁打王を獲得
だが天狗になり翌シーズンは散々

一方イチロー選手は三年連続の首位打者驀進中

その年のオールスターの時、試合前にが外野を二人でランニング中
イチロー選手に
「モチベーションは下がったことないの?」
と聞いてみたら

イチロー選手は小久保さんの目を見ながら

「小久保さんは数字を残すために野球をやっているのですか?
僕には心の中に磨きたい石がある。それを野球を通して磨きたい」

彼の一言で
恥ずかしく赤面になった

と同時に
「野球を通じて人間力を磨く」というキーワードを
大切にするようになった
とのこと

昔読んだ
GEの会長ジャックウエルチの本の中で

経営者で大切な仕事は3つ

「キャッシュフロー改善」
「顧客創造」
そして
「従業員のモチベーションアップ」

その中でも
社員のモチベーションを上げるのは大変です

褒めたり構ったり
色々な手を使っていますが
モチベーションは
上がったり下がったりします

イチロー選手みたいな
人ばかりだったら
いいですそれは夢のまた夢

下がったり上がったりするのが
それが当たり前

ただ
モチベーションアップのために何をしたらいいのか?
ヒントになりました

その人の
心の何かに火がつく事を目的にして
今の現状を
聞き続けることが大切ですね

まだまだ足りていません
反省反省




 
«前へ 次へ»

会社概要

昭和29年創業 平成7年法人化

詳細へ

個人プロフィール

趣味 旅行、サックス、ダイビング

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • chanel perfume from chanel perfume
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES SCARF from HERMES SCARF
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • Hermes Belts from Hermes Belts
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES PARFUME from HERMES PARFUME
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • hermes bag from hermes bag
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂