大きくする 標準 小さくする

2010年08月09日(月)更新

孤独死

先週木曜日
日本テレビの「バンキシャ」さんからの取材依頼がありました

孤独死の部屋の片づけ作業を撮影させて欲しいとの事でした
(多分今話題だからと思いますが・・・)

毎日と言っていいほど部屋の撤去の仕事をさせて頂きますが
孤独死はなかなか今日明日にはない・・・と断ったら

たまたま土曜日に
部屋の中で孤独死され何か月か経っていた物件の撤去作業の依頼がありました

撤去依頼が孤独死された方の身内の方からだったので
「バンキシャ」の取材の話を切り出せず・・・

しかし映像では伝えきれない、人の死臭は本当にすごいです
この暑さもあり、未だに強烈な臭いが当社のトラックから充満しています

そして
この猛暑の中、虫がわき、部屋中が独特な死臭が充満したサウナのような部屋で
黙々と作業をする社員達に本当に頭が下がります
(作業後は鼻が利かなくなり、頭がいたくなり、食欲はなくなります)

そんな社員達にただただ感謝しかありません

ありがとうございます

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

遺品整理.com

2010年05月20日(木)更新

環境立国 日本

昨日所属している大阪市一般廃棄物適正処理協会の社員総会、研修会があり
ました

その研修会の中でフォーラムがあり市民の代表の方が
「ごみの分別に意味があるのか?行き先はどうなったいるのか?」
と問題提議がありました

法律ではビン、缶、ダンボール等の再生紙、ボロ
などの専ら再生物は運搬許可が必要ありません

しかしペットボトルは一般家庭から出ると一般廃棄物
事業所から出ると産業廃棄物の廃プラスチック類の収集運搬の許可が必要・・・

なので分別されたペットボトルやビン、缶を法律通りにすると
二度手間でガソリンを使って輸送になっています
はたしてその事が低炭素社会に向かっているのか?


専門家の大学教授も
マヨネーズの容器リサイクルなどはまず洗うのが大変で、
洗った汚水が環境によくない・・・
またせっかく洗ってもその容器がリサイクルできるか不明・・・

リサイクル社会といいながら何を持ってリサイクルというのか?
焼却処理がダメなのか?
焼却処理からの発電、発熱はリサイクルにカウントされる定義が必要

と言ってられるし

経済人の意見は「ゴミは経済のバロメーター。今は不景気でゴミさえ出ない
もっと商売してもっとゴミを出したい!ゴミ代高いなぁと言ってみたい」
という意見もありました

過剰包装がNOであれば
包装紙を作っている業界、運んでいる業界、
売っている業界は衰退・・・

エコバックがいいといいながら、押入れに使わないエコバックの山・・・

また世間でも
割り箸を使わないのはいい事になっているが
逆に森林の悪い木の間引きができなく
森によくないという意見があったり・・・

テレビで話題になっている大学教授の話では
「ペットボトルは燃やした方が環境に優しい」と意見もあったり・・

ゴミ減量と低炭素社会の両立
リサイクルの定義づけ
経済と環境の両立

まだまだ日本の循環型社会の構築は遠いようです

民主党政権も環境立国になるという政策であれば
これくらいは解決してもらいたいものです

2010年02月18日(木)更新

値上げ反対

私たち 一般廃棄物処理業者は 市町村より認可を受けて営業をしています

一般企業や商店、飲食店などのごみを収集して代金を頂き
その中から焼却料金を市町村へ支払ます
(少なくとも大阪市はそのシステムです)

地位的には市町村の下請業者であります
しかし最近はある意味下僕みたいなものです

大阪市の環境事業局の局長曰く
「許可業者収集と直営収集は車の両輪です」
と言っていたのが
今は昔で

最近は役人にも情というものがなくなってきたのか
自分たちの組織を守るのが精一杯というのか・・・

大阪市の焼却料金の値上げをこの3月の議会で議案を出してきます

現状料金の5割増という案らしいです

このご時世5割の値上げというのはありえません・・・

いい加減 人の生き血を吸うのはやめて頂きたいです

我々は本当に死活問題です

値上げを通達一枚で簡単できるのは行政という悪人 いや役人だけです
(現場は本当によくやっている人々もたくさんもいます・・・)

この値上げをお客様に転嫁できるかどうか
考えたらわかる事です

ありえない・・・

neage

2009年12月25日(金)更新

クリスマスケーキ

昨日はぐだぐだと書きましたが
人に引っかかるという事はすべて自分の中にある嫌な事で

自分はプライド高く、人に関心がないという事でしょうか?
結局は自分が「わかって欲しかった」というだけのような
気がします
受け入れないとと思っています
すべて自分の蒔いた種ですね

さて
手前味噌になりますが、本当に当社の社員はよく働きます

昨日くらいから年末で忙しくなって
活気がまし、その動きに尊敬し感動します

お客さんからも「よく働くね」とお褒めの言葉を頂く事が昔から多々あり
最近はいい会社ですねと言われる数が格段に多くなりました

本当に感謝です

昨日はクリスマスイヴということでしたが、
毎年、ケーキのクリームを製造するお客さんからケーキを購入して
社員に配ります

お客様からの依頼で購入が始まったのですが
ある意味チャンスと思っています

何を意図するかといえば、
「クリスマスを家族と過ごして欲しい」という
願いが僕にあり、そこでケーキを会社から貰ってきて
食卓で家族みんなで食べながら
ひょっとしたら会社の話を家でしてもらえるかなぁと思ったりします
(色々な事情の社員もいますが、それはそれでと思ってます)

そして昨日は20個購入してました
しかし、妹に意図を言わず、社員に渡す事だけお願いすると」
結果、妹はケーキの数を減らす事に一生懸命になり
一人に2個渡したりしていました・・・

手段と目的が入れ替わる瞬間です

また今年は、お客さんとのコミュニケーションを図ろうという意図で
カレンダーを作りました
新人営業社員もカレンダー配りに一生懸命に頑張ってくれてます
が、意図を伝えていなかったので
留守の会社にもカレンダーを置いてしまった・・・

自分の伝え下手に呆れてしまいます

意図を100%で伝えたいものです

遺品整理.com

有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ

大阪の産業廃棄物処理 J-PORT

会社概要

昭和29年創業 平成7年法人化

詳細へ

個人プロフィール

趣味 旅行、サックス、ダイビング

詳細へ

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

  • :いよりなみ[03/10]
  • 新しい気づき
    • 当たり前のことに感謝すること 樋下さん、こんにちは...

  • :いよりなみ[12/31]
  • 今年最後です
    • 今年も1年ありがとうございました...

  • :寺田 元[12/25]
  • 父逝く
    • ご冥福をお祈り申し上げます。 樋下さん...

  • :日本実業出版社・吉田[12/25]
  • 父逝く
    • ご冥福をお祈りいたします 樋下様 この度のお父上様のご逝去の報に接し...

  • :井寄 奈美[12/25]
  • 父逝く
    • お悔やみ申し上げます 樋下さん...

最新トラックバック

  • 【ブログピックアップ】ジェイ・ポート 樋下茂さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは ジェイ・ポートの樋下茂さんです。  ...
  • 社長の勤務時間→「ワーク・ライフ・バランス」 from 株式会社横山工藝 代表取締役 横山 国男 の日記
    <ご質問>    社長は「365日24時間年中無休」という考え方がありますが、    率直に言って、どのようにお考えになりますか。                    ...
  • ジェイ・ポート樋下社長の「税務調査」で考えたこと。 from 株式会社横山工藝 代表取締役 横山 国男 の日記
    昨日3日の「経営者会報ブログ」に、ジェイ・ポート樋下社長が「税務調査」という タイトルで寄稿されています。経営している人なら思わず「反応」してしまう言葉の 一つですね。 ...
  • 『トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方』?? from 小高 集 「目指せ!! 強小企業2.0」
    いや= この本の題名ちょっと表紙隠さないと読みづらいかも~ 『トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方 』 いよりん コト。特定社会保険労務士の井寄奈美さ...
  • 「カールじいさんの空飛ぶ家」いくつになっても旅に出る理由はあ... from soramove
    「カールじいさんの空飛ぶ家」★★★★オススメ ディズニー/ピクサー製作 ピート・ドクター監督、103分 、公開日:2009-12-5、2009年、アメリカ                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 12月6日公開オープニング2日間の成績は、動員44万人、興収約6億円と、 初登場首位を獲得! 「2012」のオープニングにも負けない出足。 興収50億円が当面の目標となる快調なスタートを切った。 「いつか南米に冒険に行きたいという 幼なじみの妻の言葉を思い出し カールじいさんは冒険に飛び出した、 亡き妻に励まされ、長年住み慣れた家とともに」 アニメでこんなに感動するなんてね。 浮かぶわけないだろと思いつつも 家が20.622個の風船で浮かび上がるシーンには 心躍らせるものがある、 誰だってたくさんの風船があれば 体は浮くかもと子供の頃思った経験があるからね。 子供より大人が見て感動というか 好きになる映画だ、 特に冒頭の10分あまりで夫婦の過ごした 長い年月を言葉も無く映像だけで示し カールじいさんの旅の理由をスッと分からせてくれるのは 映像の力を感じる。 どちらかと言えば偏屈なじいさんは 旅に出たからと言って急に変わるわけでもなく、 ギアナ高地の高みから落下する滝の傍に 家を据えて妻とともに過ごすことを願うが 妻は亡くなってしまい、 到着してもそこには何もないことを知る。 ここに少年が登場して居なかったら その後はどうなっていたのだろう、 じいさんは新しい宝物を見つけて 笑顔を取り戻す、 旅は帰る場所があるからこそ その過程を楽しむことが出来るのだ。 後半はアニメと割り切って見れば楽しめる、 でもいちいち「あり得ない」とか思ってたら じいさんがロープで空に浮かぶところとかは 自分だったら落ちちゃうなと急に現実的に考えたり、 しかしさすがディズニー、 子供や動物を登場させ楽しませるし、 やはり悪者は存在し、奈落へと落ちていく。 色んな映画があるが「Mr.インクレディブル」でも感じた アニメ的な面白さを堪能した103...