大きくする 標準 小さくする
次ページ

2020年02月29日(土)更新

生い立ち2

父の入院中は従業員2人が海水浴につれて下さり、
運動会にも来て頂き、
その後父は退院すると家の下で事務所を構え、
業務終了後2人の従業員と談笑しながら将棋、

家庭=仕事場の家族会社のスタートとなりました。
また妹も誕生し、家族も新たなスタートとなりました。

小学校に進むとなぜかすべての学年で学級委員長など
推薦され受けることになりました。
学校の通信簿には「茂君と遊ぶと悪い子たちもおとなしくなる」
と書かれていたほど私自身は優等生なのですが、
なぜかやんちゃな子と仲良くしていました。

今思えば現場作業員と調和をするには
すごく役立っている資質だと思っています。

一つ嫌だったことは、自分の父の仕事を作文に書くことでした。
「ゴミ屋」であることを友達には隠して、
運送屋であるとか掃除屋さんと書いていました。

高学年になると友達もわかってきて
「お前の家ゴミ屋やろ」と「ゴミ屋の息子」
と言うレッテルを貼られました。

家では小学校の頃から、父親から
「商売はええで ゴミ屋はええで」と何度も毎晩聞かされ、

集金のお金を私の目の前で数え、ことあるごとに
「一生懸命働かなあかん」と毎日食卓で言っておりました。

そのため当時、従業員も2人ですが「将来は30歳でゴミ屋の社長になる」
と志を立てて土曜日の夜はビルメンテナンスで床やトイレの掃除、夏休み、
年末はトラックの助手をして現場を手伝っていました。


2020年02月28日(金)更新

生い立ち

去年解散された盛和塾で発表させて頂きました原稿です
自分の生い立ちと弊社の歴史がリンクでき
いい体験になりました

折角の原稿なのでここでできるだけシェアさせて頂きます


昭和46年7月10日に創業65年の弊社の歴史上、最大の事件が起こりました。

私はまだ4歳で幼稚園の夏でした。

私が幼稚園に入園前「隣のお兄ちゃんと同じ幼稚園に行きたい」
と言い出した事がきっかけ、
その幼稚園がサラリーマンでの父の給料では学費が払えず・・

そのためすでに他界した創業者の祖父が他人に名義貸ししていた
一般廃棄物収集運搬業の城東衛生、
父が継ぎたくなかった「ゴミ屋」を始めることになりました。

当時お得意先も少なく、父1人で事業を行っておりました。
その父が運転していたトラックが坂道で急にブレーキがきかなくなり
信号待ちをしていたトラックに激突をしてしまいました。

幸い一命は取りとめられたものの救急病院で気を失い
左足は骨だけ残っている状態でした。


 

20代の母は4歳の息子の私と取り残された状態で「明日からどうするか?」
を決めないといけない状況になりました。ゴミ回収は休みなし。
待った無しの決断を母は迫られていました。

その時、アルバイトに来ていたお得意様の工場長の息子さんに相談したところ、
「よしわかった」とその日に会社を辞めて、弊社に来る決断をして頂きました。

また同時に20歳の父の甥もその日に一緒に入社していただくことになり、
事故したトラックを引き上げ次の日から同業他社に車を借りて事業が継続されました。
その後父は気をとり戻しましたが結局足をつなぐため一年間入院することになり、
その間お二人で収集作業、集金、新規客開拓までやって頂きました。

その時以来、事あるごとに母は私に従業員に対し「感謝しいや」といいつづけ、
この事が私の今の経営者人生としての考え方の土台となっております。


2020年02月13日(木)更新

野村克也氏を偲んで

名伯楽といわれる野村克也氏がご逝去されました。
今思い出すと高校の卒業式か入学式に
ご講演して頂いた事を思い出しましたのですが
それくらい
今まであまり興味がなく知りませんでした。

ただ
スポーツ新聞の紙面上のみなさんの野村氏 に対してのコメントが
すごく温かく凄い方だったんだと改めて思いました。

「勝ちに不思議な勝ちあり負けに不思議な負けはない」

など

名語録がありますが

僕は
「金を残すは下、業を残すは中、人を残すは上」

が好きでまさに野村氏は実践された方なんだと思います。

という事で新聞を読んで
「やっぱり人を残すのが自分の使命」

今までちょっとサボり気味だったのを反省して
部下をしっかり彼らのために指導しようと決意。

そして矢先

全社員の日報をチェックしていたら

1月29日以降日報を書いていない社員を発見・・・

弊社の社員は優秀なので
僕が決意した瞬間にすぐ失敗をやってくれます。

こちらが試されます。

手抜きとは
「人の生活を奪うこと」と経営の師匠が言ってたのを思い出し
それを伝えて

「始末書!」

ただ自分も何か野村氏みたいに
いい言葉がすぐ出せるようになりたいなぁと
思いました。

やっぱり生き方ですね

 

2020年02月06日(木)更新

ランチェスター戦略

弊社ではランチェスター戦略を学んでいます。

戦略と戦術は違い
戦略には強者と弱者があるとのこと
何かで一位を取る事が重要。

色々勉強しますが
未だによくわかっていません・・

さて
今週東京出張へいったのですが
行き帰りともによく晴れ
富士山が見事に見えました。


やっぱり「富士は日本一の山」と歌もあり迫力が違います。

思わず手を合わせてしまいます。

で、よくある質問で「二位の高い山は?」

「確か槍岳?」

「三位は?」

「・・・」

「あとは?」

日本に山ほど山はありますが

パッと浮かぶのが


「生駒山」

家から一番近い山です。

やっぱり一番が大切です。

2020年02月05日(水)更新

幸福論

先日おかげさまで誕生日を迎え53歳になりました。
(実際52歳と53歳はあまり変わった実感はありませんが・・)

誕生日は両親に感謝をする日といわれます。
特に母親に感謝しないといけないです。

人間は感情の動物で
ほっておくと感情はマイナスを見るくせがあるらしく

「感謝」はよっぽど意識しないといけませんね
特に両親への感謝は・・

そう思いながら致知2月号を読んでいたら

哲学者アランの「幸福論」の中に

「悲観主義は気分のものであり楽観主義は意志のものである」
とありました。


またあるセミナーでプラス思考は「覚悟」がいる
と言われてました。

僕は人から
「こんな大変な状況なのによく笑ってられますね」
言われたりしますが・・・

ある意味では「覚悟」しているんだぁと
思ったりしました。

また話かわりますが
たまたま「麒麟がくる」をみていて
この時代にも自分のご先祖がいたんだぁと
この頃は15代前くらいかなと改めて調べてみると

10代前はなんと2046人
20代前はなんと209万7150人

すごい数字の「命のバトン」があったとおもいました。
(自分は落としてしまいましたが・・)
誕生日は両親のみならず「ご先祖様」に感謝する日にしたいと思います。


社員さんから嬉しいサプライズプレゼント
ありがたいです

当日は妻と友人のお店でお祝いしていただきました。

感謝の反対語は「当たり前」
いつも一緒にいてくれる妻にも
もちろん感謝を忘れないようにです。



 

2019年12月29日(日)更新

ジャズのルーツ

先日は私の所属している
「サンセットジャズオーケストラ」
の10周年記念ライブでした

会場は50名あまりの箱でフルハウス!
といってもほとんど知り合いですが・・

私の30代は割と一生懸命仕事に励んでいて
ある会合で同業他社の社長に

「趣味は何ですか?」
と聞かれて

「・・・」

なかったことに気が付いた

のがきっかけです

その社長がクラリネットをされていて
いいなぁと思い

「僕も学生時代サックスがやりたかったんです
でもお金がなくて断念してました」

とお伝えすると

その社長はヤマハで
「大人から始めるレッスン」というがあると紹介してくださりました。

キャチコピーに絆され40歳からスタート

音符もわからず
リズムもわからず
もちろんサックスのサの字もわからず
スタートさせて頂きました。

何故サックスと聞かれますが
とにかく
カッコいい、目立つ、スティングの「Englishman in New York]
が好きで演奏してみたい

それくらいの動機でした

たまたまいい先生にめぐり合わせて頂き
音楽合宿など参加して仲間ができ

今年なんとか人前で演奏できるまで
なりました

今まで
少年時代は「アリス」「横浜銀蠅」
「たのきん」「松田聖子」の歌謡曲

青年になって「ポリス」「プリンス」
「デュラン・デュラン」「マイケルジャクソン」などポップス
が好きでしたが

サックスを始めて「ジャズ」というものをしりました

ジャズはいまだに全然理解できませんが

ルーツを聞くと

アメリカで黒人が奴隷で働かされていた時 やけくそで唄ってたのが「ブルース」
ヨーロッパ白人の貴族がこよなく愛していた「クラッシック」

その2つがアメリカで融合されできた音楽が

「ジャズ」

洗礼されながら泥臭く演奏をする
本当に奥が深いです

本当に先生はじめ仲間や教室のスタッフさんに感謝です
ありがとうございます



サンセットのメンバーです(今年の発表会の写真です)

10周年ライブで最後の最後にソロが回ってきて
かっこよくソロしたかったのですが・・

思い切り外しました・・

メンバーの皆さんすいませんでした

最後妻からは「あんたらしいわ」

もう少しメンタルを鍛えます


 

2019年05月09日(木)更新

平成ありがとう

先日の10連休は信州へ行ってまいりました


令和の瞬間は上高地で迎えることができました


旅行は

1、自分の健康
2、家族の健康
3、会社の健康

3つ揃わないと行けません
この連休に行けたことに感謝です

そしておかげさまで
リフレッシュできました




連休中
我々のお仕事はライフラインですので
工場や収集は営業しております

現場社員、事務社員は交代で出勤してくれて
お客さま対応させていただきました

本当に感謝です

そして
お客さまの「空いていてよかった」
という声を聞かせていただくと

まず
出勤してくれている社員に感謝とともに
この業をできていることに創業者、先輩方々に感謝です
もちろんお客さまにも感謝です

感謝の反対語は「当たり前」
令和になっても
感謝を忘れずに楽しくいきたいと思います

(弊社は働き方改革は賛成です。営業事務社員は9連休の方々も大勢いましたことだけ付け加えておきます)







 

2019年04月08日(月)更新

プノンペン日本橋

久しぶりにカンボジアプノンペンに行きました


やっぱり異国をかんじます

また
たまたま
昔日本が寄贈した橋が改装されニュースになっていて
日本人としてちょっと誇らしく思いました

日本人の諸先輩方々に感謝です
昔の日本人は本当に凄かったんだなぁと思います




さて
弊社は5年前にリサイクルショップをプノンペンに立ち上げました
しかしながら
残念なことに
約2年前お店を撤退いたしました

それまで一生懸命やってくれた
カンボジア人や日本人スタッフ
および関係者には
誠に申し訳なく思っています

「君子三省する」という言葉がありますが

何故失敗したのか?

をよくよく考えます

一つの理由は
ランチェスター戦略を勉強する中で

新規事業は

「地域、商品、客層の何か一位をとっていないのに
ほかで上手くいくわけがない」

本当にそうでした

ちなみにこれを知ったのは
カンボジアに出店した後なので

時すでに遅し。。

やっぱりそうだった

というだけでしたが・・

現状で社員教育。お金。全て

自分の能力不足でした
しかし
関わっていただいた方々には感謝です

これからに向かって
法人はのこしていて
次のステップのため
カンボジア人に
教育をしようと思っています

そのために今回は
経営者仲間のカンボジアの学校に訪問したしました



環境整備がすごく
カンボジア人にもこれだけのクオリティーができるのかと
本当に圧巻でした

日本ですごい人はやっぱりここでも通用するんだ
と改めておもいました

やっぱり
社員教育は
環境整備が大切ですね


弊社スタッフも元気そうでした












 

2019年04月01日(月)更新

入社式

本日4月1日

新しい元号が発表されましたが

弊社では
新卒採用の入社日で特別な日です

色々様々な学生生活送られた方々が胸躍らせて
社会人になられます

本当に大切な日です

責任を感じます


弊社も新卒採用を始めて5年

一年目は4名採用

最初から上手くいくわけはなく・・

5年前
慣れていない中
緊張しながら
入社式を行いました

そして翌日

新卒女性社員から

「社長おはなしが・・」

「何?」

「ちょっと妊娠しまして・・」

「お、おめでとう・・」

いきなりかぁと思いながら・・

それから5年たちました

まだ弊社では既存新卒社員は4名なのですが

半分を超えると
何か凄いことが起こると思っています

そのためずっと
新卒採用を続けています

毎年
新卒採用できてくれる人は
本当に素晴らしい素材です

それを活かすも殺すも
経営者次第

なんとか幸せになってもらいたいものです








 

2019年03月30日(土)更新

ビジョナリーカンパニーへの道は社員旅行

ピータードラッガーが曰く

「マネジメントには2つ大切なものがある」
 

マーケティングという

私なりに解釈すれば

 

「集客」

 

これができない人は

どんなに優秀な方でも起業は向かないと思います

 

独立の相談をされても

この人上手くいくかどうか?

わかります


お客様の気持ちを掴む

時流を読む

移り変わる変化を感じれる
魚の目が必要と思います

 

そして
商売がうまく行き出すと

組織が必要になる

 

組織を活かしていくのは

「イノベーション」


商売は

続く保証はない

 

守ってしまうと

崩れる

 

そのため

組織には

常にイノベーションが必要です


組織の目的は「成果」をだすこと

 

10年前に社長を拝命し

 

第一声が「みんなの会社にします」

 

そのため

 

社員総会

社内木鶏会

 

意識改革をおこないました

 

次に行ったのが

 

社員旅行

 

これは

実にハードルが高かった

 

父親の時代に(約45年前)

全額会社負担で淡路島に行き

 

宴会で

酔っ払った従業員に御膳を

ひっくり返され

父親は

「もう絶対行かん!」

と宣言し

 

その事件からは

旅行は廃止

 

あるレストランにカードを

預け

従業員が家族単位で食事にいく

 

というスタイルが続きました

 

これから100年企業になるには

その社風を変えるのが自分のミッションだと

 

社風をかえるのには社員旅行と
5年前より社員旅行を復活

 

しかも

 

自分の会社と思えるように

 

「全額社員負担」という暴挙にでました

 

しかし

前年は出席率100%ということなり

本当に社員の方に感謝の言葉しかありません

 

行った場所は

「伊勢」「白浜」「淡路島」「金比羅」

とベタな所ばかりです

 

今日現在、去年の新入社員が中心になって

今年の旅行を企画してくれています

 

成功している企業ばかりを題材にしている

「ビジョナリーカンパニー」で

「バスがどこへ行くか?」より「誰とバスに乗るか?」

が大切と書かれています

 

「どこに行くか?」より「誰と行くか?」

ですね


ちなみに昨年は四国の香川県へいきました



みんなでうどん作り体験

記念撮影

そして宴会へ (会社負担はないので友の会主催)

宴会ルールその① 全員浴衣で参加

その②  飲む 騒ぐ

その③ でもわりと自由

その④ 人の歌は聞かなくていい

その⑤ 最後は全員でじゃんけん
   (商品はチップもあり)

やっぱ一番盛り上がります

最終日は恒例のアウトドアのバーベキューで締めます

次へ»

会社概要

昭和29年創業 平成7年法人化

詳細へ

個人プロフィール

趣味 旅行、サックス、ダイビング

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年8月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • chanel perfume from chanel perfume
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES SCARF from HERMES SCARF
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • Hermes Belts from Hermes Belts
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES PARFUME from HERMES PARFUME
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • hermes bag from hermes bag
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂