大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


値上げ

投稿日時:2011/07/12(火) 19:40rss

いよりんさん いつもコメントありがとうございます
どう返していいのかわからないのでこちらからまず御礼を


さて なかなかブログが書けずに「もうやめたん?」と言われてたりしていますが・・・

さて仕事の少し話になりますが
行政マンの方々はどんな思考回路なのか?
知りたいと思っています

行政マンはとんでもないことを簡単にしてきます

大阪市のごみ処理手数料の値上げが告示されています

来年4月に5割以上の値上げで・・


昨年3月値上げ条例は可決されましたが
ただその時はまだその時期ではない、説明不足という平松市長のご判断で
「実施日は市長が定める」という修正が入り
延期となりました

しかし今この時
平松市長が
市民に説明も充分でき
「その時期が来た」と
判断されたようです・・・


説明といってもパンフレットを排出元に送りつけただけ・・・

またこの東日本大震災で大阪経済も疲弊しています

その空気を読めず・・・

本当に値上げの時期がきたのでしょうか??

この世間感覚とのずれは一体なんなんでしょうか?

民間出身の平松市長もやっぱり役所に入るとズレるんでしょうかね?

真意を疑いたくもなります


大阪市のゴミ収集も民間委託が進んできます
まずテスト期間で粗大ごみ収集を5区(2地区)選んで始まり

嬉しいことは一般廃棄物収集運搬業許可を持っているのが条件付きの
競争入札ということなんですが

普通でみたらいいことのように見えますが・・・

全くシュミレーションができない仕様書内容で
一体どんな事が起こるか分かりにくく

トラックが5台以上必要で、人数も10名以上は絶対必要なはずなのに
簡単にできるように書かれていて

期間は一年半・・・

変な勘ぐりをすると
「民間ではやっぱり無理でしょう」
「何か特別な力が働いてる?」
と言いたげな仕様書内容です

競争入札が「善」というのがマスコミ等の常識のようですが
実際やる立場になると・・・

しっかりとした利益とがとれるのか?
10名以上の雇用は次回とれなくなったら
解雇するのか?とか

普通、経営者は責任を本気で考えます

公示は6月30日
入札は7月26日

この短期間でどうリスクを考れるのか?

本当にゴミ行政をうまく運営しようと思えば
大阪市の一般廃棄物収集運搬業の全業者が加入した協会が受託するのが
一番うまくいくのでは?
また「随契」というのも必要かと思いますが・・・

そして
よりによって弊社の地元の区域がテスト地域に選ばれて・・・
頭が痛いです

本当に行政ってとんでもない事を簡単にしてきます

ちょっと仕事ネタがおおくなりましたが
また読んでくださいね






 

JGROUPバナーまとめ廃棄物コンシェルジュ 樋下茂のつぶやきかたづけ名人の遺品整理遺品整理.comJBRIDGE 株式会社ジェイブリッジJ-PORT 株式会社ジェイ・ポート有限会社 城東衛生J-GROUP 城東衛生グループ

トラックバック一覧

コメント


初めまして。
以前から、ゴミの減量問題が大変気になっており、ゴミの処理を調べるうちに1年ほど前よりこちらのblogを拝見させていただいています。
会社の経営や人間的成長に邁進されているお姿にいつも勇気づけられております。
以前から職場でのごみの分別回収が進まないことが気になっておりました。事業ごみはあらかさまで無い限り、ビンもペットボトルもまとめて回収するのが通例になっているように思います。
回収業者さんも面倒な事を避けられるのか、その事に注意される事もありません。職場の方たちも持っていってくれるのだから何の問題もないと言った考え方です。私一人が1部をスーパーに運んでいる状態です。
また市も建前とは裏腹に回収業者に表だって指導、注意しているとは思えません。
家庭ごみでは細かく分別しているのにこういう状況では、実質が伴っているとは思えません。
そういういきどおりから、昨年大阪市環境局と市民(NPO、古紙回収業業者等を含む)フォーラムに参加しました。
その後も引き続き協働の会議に出席していましたが、一個人の出来ることや、市が入ることによる遅々として進まない様子や、従来然とした態度に距離感を感じ、今は身をひいています。
そこから今も会議のお知らせ等が届きますが、一度樋下さまにもご参加いただけたら嬉しく思いまして、ご案内させていただきます。

その前に少し私の考えを書かせて下さい。

私が不思議に思うのは、廃棄物回収業者さんがどうしてこんなに処理料値上げに反対かということです。
処理に一定のお金がかかることは仕方のない事で、市から各事業所さんへ説明会を開いていただいて納得してもらうという方法もあると思います。
また今回、2倍に上がるという事でシステムの変更が必要かと思われます。
まず回収業者さんが団結して、ゴミを分別回収して、市で処理してもらうゴミを半分以下に抑えてはどうでしょうか。あとは缶。ビン、ペットボトル、プラごみ等細かく再生可能なごみをまとめて業者に引きとってもらうという方法は無理でしょうか。
私が会議に参加した感じでは環境局の方針には本音と建前が見え見えで、なかなか抜本的改革には協力してくれないようです。またそういう合理的な方法がすんなりとは進まないようながんじがらめに規則もありそうです。
でもそれこそ市民の賛同を得るように持っていけば出来ない事はないと思います。平松市長も市も巻きこんで、環境局の事業がもっと効率的に行われる事、廃棄物処理業者さんも環境問題をリードするぐらいの強い意志で取り組んでいただけたらと希望します。
そういう新しいシステムを市(可能背あれば)と回収業者さんで生み出して、回収業者さんにも仕事に見合うだけの利益を得てもらうようになればいいと思います。
古いシステムを壊し、ジェイ・ポートさん以外の業者さんも誇りを持って仕事が出来る業界になれば素晴らしいと思います。

ごみ問題が物を大切にする心、ひいては今与えられているものに感謝する心を育て、東日本大震災で大きく今までの生活を見直さないといけないこの時が、逃せないチャンスだと思います。

いきなりコメント長々と書く失礼をお許し下さい。

条例等細か知識を何も持たない一市民の夢かも知れませんが、出来そうなところから着手していただければ嬉しく思います。

以前面識のあった協働会議の中心の方から以下のご案内をいただきましたので、もしお時間がありましたらどうかと思いご案内させていただきました。

私は鶴見区4丁目在住で、樋下さまの会社とも近い所に住んでおりますのでもし何か提案で心に留まるところがありましたら、ご連絡いただけましたら幸いです。
長々とありがとうございました。

<次回エコステーションワーキング及び廃棄物減量等推進員交流大会打合せ>
日時 8月4日(木) 9時30分~ エコステーションについて
             11時~ 廃棄物減量等推進員交流大会につ                  いて

場所 あべのルシアス13階 応接室
自由参加ですので、お友達などをお誘いいただき、たくさんの方が
おいでいただきますようお願いいたします。

山本 博美

Posted by 山本 博美 at 2011/07/22 12:06:42 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

昭和29年創業 平成7年法人化

詳細へ

個人プロフィール

趣味 旅行、サックス、ダイビング

詳細へ

バックナンバー

<<  2022年10月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • chanel perfume from chanel perfume
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES SCARF from HERMES SCARF
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • Hermes Belts from Hermes Belts
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES PARFUME from HERMES PARFUME
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • hermes bag from hermes bag
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂