larger default smaller
次ページ

2016年04月09日(thpm30)更新

作家デビュー

先日、今現在作家で一番売れている株式会社 武蔵野の小山昇氏に
「どうしたら本が書けますか?」
と単刀直入に聞くと

すぐに
「目的は何?」

と聞かれ
なるほど・・・

それから目的を考えるようになりました

僕の座右の書「7つの習慣」の中で
第二の習慣 「目的を持って始める」というのがあります

目的を決めるために
自分の葬式をイメージをする

そして弔辞で
「誰に何を言ってもらうか?」

家族
会社の同僚
友人
地域の人

なかなかイメージがつきにくいので

最近、自分流のイメージの出し方を発見しました

それは自分の葬式で流す曲をきめる

僕はジャズナンバーで
デュークエリントンの「A列車でいこう」

これを聞きながら
自分の葬式をイメージします

そうすると
その曲を聴くと
自分で泣けてきます

そして
「この人生何をしたいのか?」
「軸」と「芯」ができ
やりたい事が決まり
楽になりました

そして

種をまく
あとは水をやり、日に当たり、養分を与え
じっくり育つのを待つだけ
という

僕のもう一つの座右の書
「マスターの教え」を守ると

なんとびっくりな事に
業界紙の株式会社日報様より
月間廃棄物の中で
「遺品整理実務スタディ」
というコラムの
執筆活動の依頼を頂くことになり

この4月に作家デビューすることになりました

201604112030_1-300x0.jpg
201604112030_2-300x0.jpg
ちょっとですが・・・




 

2016年04月04日(Apr20164)更新

学卒入社

1月はいく、2月は逃げる、3月は去る

2016年ももう3か月がたちました

 

この季節は

出会いと別れが多い季節です

 

弊社も一人ですが

学卒として4月1日から来てもらっています

 

当日、9時出勤、どんな感じで出勤されるのかなと思っていたら・・・

 

8時10分に事務所のドアが開き

 

いきなり

大きな声で

「今日から入社の○○です

よろしくお願いします!

すごく緊張しています!」と・・

 

あまりにも初々しく

気持ちが親の気持ちになってしまいます

 

大切に育ててこられた親御様の気持ちに

応えられるように

立派な社会人に育てていかなければという

責任感でいっぱいになりました

 201604041206_1-300x0.jpg

会社的に人が育つ土壌を作るのが

僕の仕事だと思っていますので

 

「人を育てる事ができる人を育てる」という

弊社の課題を克服していきたいと思いました



201604041213_1-300x0.jpg
入社されて2日目にいきなりの社内木鶏会でしたが
しっかりとした感想文と発表を

201604041213_2-300x0.jpg
その後、懇親会にも参加し、飛ばしております

まぁ今は肩の力を抜いてというより
100%で一生懸命やってもらいます

2016年03月24日(JST11000000)更新

もったいないをアジアへ

2月19日になりますが
日報ビジネス㈱主催の「アジアの循環資源市場」
不用品の海外輸出、海外における処理事情の展開

セミナー講師をさせて頂きました

今回
「もったいないをアジアに」をテーマに30分

弊社のリユースマネージャーにビジネスの
話を

そして

カンボジアからマネージャーを呼び
なかなか聞くことのできない生の話を

201603241216_1-300x0.jpg

そして僕がまとめ

という組み立てで

日本のマネージャーも話がうまく
カンボジアのマネージャは会場をどよめかせ

今回僕のまとめは

「なぜカンボジアビジネスを始めたのか?」

それはトゥクトゥクが欲しかった

というネタで挑みましたが
201603241216_2-300x0.jpg
やや受けでした・・

そして
日本でいい腕。いいえさ、いい道具があっても
魚のいない日本ではつれない

悪い腕でも魚がいればつれると思った

という話からはじめ

まとめは
日本は江戸時代はそれほど牛肉を食する文化はなく
なので
昭和40年代でもスーパーの売り場は
「牛肉」「豚肉」「鶏肉」という分け方で

そして
マーケットが成熟され
牛肉は
「ロース」「ヒレ」「ミノ」などに

最近では
種類は
「イチボ」「ヒウチ」や
ランク「○○産A5」など
色々な
分け方になり
細分化されています

逆に
魚は昔から日本で食されているので
同じ魚でも「ブリ」「ツバス」など
名前が変わるくらい細分化されている

何が言いたいかといえば

「市場は成熟すると必ず細分化される」

廃棄物業も
昔は「ごみ」だけでした

そして
「一般廃棄物」「産業廃棄物」とわかれ

そして今では「リサイクル」などになりましたが

これからは
もっと単純化になることは考えられにくく

必ず廃棄物も細分化される
というため
海外リユースを始めたと

30分という短い時間で
すべて伝える事は難しいですが
無事終了でき
上手くいったなぁと思えるセミナーでした
201603241216_3-300x0.jpg

自画自賛で
お客様には感想は聞いてませんが・・
 

2016年02月27日(thpm29)更新

社員の結婚

今年1月に弊社若手社員が結婚式を行いました

この社員4年前に派遣社員として弊社へ

営業がしたいとのことで
 
ただ
「う~ん」
という感じの風貌

しかも未経験
 
「大丈夫かな」
と思いながら
でも若いしやる気はありそうなので
 
まぁ派遣ならと思って
とりあえず面接は合格

と、いうより派遣は面接ではなく
面談ですので契約
 
2か月くらいして
そろそろ目標もあったほうがいいと
思い 月初めに
「そろそろノルマ決めよか」
というと
「はい」
 
「ではいくらする?」
「50万します」
 
「お~ すごいね
では頑張って」
 
途中で
「いくらできた?」
「ゼロです でもなんとかします」
 
と言って

月末に500円・・・
 
作戦変更で
「これから会社の近くを回ってほしい」
と自転車を買い与えました
 
3日後
「すいません 自転車とられました」
 
「・・・」
 
派遣契約して1年がたち
 
弊社社員総会中
 
急にマイクを持ち出して
何をするのかなぁと思うと

「社長 僕を社員にしてください!」

「は、はい」
 
その後
毎朝一番に事務所にきて
お湯をわかしたり
社内を整えてくれています
 
 そこから3年・・・

今では
先日はお客様の前で
セミナーも開催して
お客様からも信頼されるようになりました
 
結婚もされることですので
男としも一人前
 
これからの期待の星です
201602272116_1-300x0.jpg
決してジェイポートカンボジアの社員ではないです
201602272116_2-300x0.jpg
おめでとう
201602272116_3-300x0.jpg
201602272122_1-300x0.jpg
厚かましく社長権限?

乾杯をさせて頂き
その後
フルバンドでジャズ演奏
201602272116_4-300x0.jpg
素敵なご家族と記念写真


 

2016年01月29日(JanuaryFri, 29 Jan 2016 19:53:00 +090053)更新

カンボジアビジネス

先日、カンボジアへ出張へ行ってまいりました
201601292050_1-300x0.jpg

今回は日本から特別講師として
元大手スーパーの方をお迎えして
商品陳列、管理、集客など
小売業としての「いろは」をカンボジア人スタッフに伝授して頂きました

そして陳列のための荷物が
コンテナが日本からはるばる一か月かけて到着
初めて立ち合いました
201601292050_2-300x0.jpg
すごい迫力で荷物をだして
201601292050_3-300x0.jpg
201601292050_4-300x0.jpg
201601292050_5-300x0.jpg
201601292050_6-300x0.jpg
201601292050_7-300x0.jpg
3日間で日本で積み込んだ荷物が
4時間で出されました
201601292050_8-300x0.jpg
ライザップ!
201601292050_9-300x0.jpg
コミットしてます
201601292050_10-300x0.jpg
次の日よりプロの小売りとして
座学がはじまり
201601292050_11-300x0.jpg
陳列がどんどん変わっていきます

201601292050_12-300x0.jpg
レジも少し変わります

そしてカンボジアビジネスの詳しいお話は
2月19日 大阪産業創造館で行われる
日報ビジネス㈱様の環境セミナーで事例紹介として
お話させて頂きます

カンボジア人の現地マネージャーも来日予定です
生の話も聞けると思いますので
ご興味のある方は是非ご参加ください

乞うご期待

2016年01月07日(JST08000000)更新

2016年 5つのキーワード

今年2月3日からは運命学の九星気学によると
「丙申二黒土星」
という年回り

秋の美しい夕日で草木が伸びきったという意味があり
「よくも悪くもつみあがる」年らしいです

日々の過ごし方がダイレクトに響くとあり
振り返り、計画が大切との事

また母の大地という意味もあり

キーワードとして

1.理性を意識する

2.何事も丁寧にする

3、良い習慣をつくる

4.母性的になる

5.勢いより計画と積み重ね

2016年を味方にする質問として

1.過去に感情的になって反省した事は何ですか?
2.ぞんざいな態度をされてムカッイラッとしたときはどんな時ですか?
3.あなたにとって良い習慣とは?
4.母親の凄い所、尊敬するところはなんですか?
5.あなたにとって会社とは何ですか?
  それをどんな風にしたいですか?
  あなたにとって理想の会社とは?

という事らしいです

いい年にしたいですね

201601072041_1-300x0.jpg
まずは初詣から
201601072041_2-300x0.jpg

2016年01月05日(JST000000Asia/Tokyo)更新

社長の仕事

新年
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

弊社も昨年は新工場建設、運営で
慌ただしく時が過ぎました

おかげさまでなんとか軌道にのり
今年を迎える事ができ
嬉しく思います

ただ去年一年振り返り
自分自身の漢字一字にすると

「苦」

他人から
僕を見て順調そのものと言われますが・・・

当の本人はわりと大変で
すごく経験になった
年でした

そして今年は
もっと足元を固めていきたいと思っています

それを思ったのが
1月3日に初出で
トラックにのりゴミの回収のため
得意先回りをしますが

本当に時代が激変して

お客様のゴミが
分別一つうまくいってなかったり・・・
契約量が変わってたり・・

社長の仕事は
「決定」と「チェック」とはいいますが
本当にチェックが必要だと
改めて感jじた初出でした

やっぱり現場に答えがありますね

そして
初出の日
社員からわざわざ
社長室まで訪ねてもらい
挨拶をしてもらうと
元気がでます

ありがたく
嬉しい限りです

いい年にしたいです



 

2015年12月30日(53Asia/Tokyo30)更新

はじめての転職フェアー

先日はリクルート様主催の
「はじめての転職フェア―」
にブースを出展しました

ゆくゆく将来的に
新卒採用を
したいと思っていますが

今の弊社の年齢層が
アラフォーが多く・・・

次に新卒の20代が入ると
人口分布図に
谷間ができてしまいます

「社長」より「年の近い先輩」が重要と
弊社に営業に来る新卒営業マンも
言ってました

そこで
まず第二新卒を採用し
その後と思い出展してみました

ブースの廻りの企業さんは
そうそうたる企業

アパレルで一番のUを展開しているF社
リゾート展開のH社
プロ野球球団を持っているR社

その中にジェイポートがあっても・

最初はいい経験になればと思っていましたが

動員ゼロはさすがに・・・

ただ
一週間前に
採用した20代女性社員に
桜役で来てもらったので

見た目随時一人はいたのですが・・・

201512301937_1-300x0.jpg

そして
ブースがさみしいのでイラスト欲しいなぁと
つぶやいていると

その女性社員が
さっと5分で最高の手作りイラスト
を書いてくれ

「え~」
とびっくり

その後、ブースへ勧誘も
弊社のスーパー営業マンより
多くの勧誘をしたり

大ブレイク

救世主が現れた
本当にうれしい一日になりました

そして結局20名以上の人に話を聞いて頂き
本当にありがたかったです

201512301937_2-300x0.jpg

弊社の長所は
「小さい会社なので
社長と近く仕事で思った
自己実現が今すぐできる事」

短所は
「仕組みが整ってないこと」
「給料が高くない事」

質問は
「育児休暇はありますか?」
弊社社員へ
「今の給料にまんぞくしていますか?」

「「・・・」
「これから頑張ります」

としか返答できず・・

やっぱり我々零細企業の
採用は難しいですね

いい人に来てもらうのが先か
いい会社になるのが先か

書いたイラストがすぐ採用できるのは
弊社の規模

また自分の実力で収益を上げ給料も上げて
くれればいいのですが・・・

「お金」、「条件」になると・・・
弊社は弱い

でも
やっぱり中小企業採用は
「人柄」

ただ
人柄だけよかっても
寝言になるので
収益をあげ
採用条件がよくなる会社作りが必要
と感じた
リクナビフェアーでした

いい会社づくりに
邁進してます

出展をチャレンジしていい経験になりました


 

2015年12月26日(thpm31)更新

優れた社長の条件

年末のご挨拶でお客様訪問をしておりますが

今年は何年も行ってないところを中心に

びっくりしたのが
今日は10件


代表者が80才代が3社・・70才代が4社

どんな高齢化の国なのかと・・
同時に

「一生現役」
日本の中小企業の経営者
本当に尊敬します

清水りゅうえい先生の「社長業の鉄則」という本で

優れた社長に共通の要素が2つ

1つは みんな明るい 楽観主義の人
2つ目は 心も体も丈夫だという

そして一流の社長の条件は

「年齢によって発揮する能力を変えれる能力があるか」
との事

確かに高齢の社長さん
みんな元気
そして若い

皆さん80代でも進化されています

そして清水先生は

社長という仕事を選んだ人だけが持つ独特の臭いを感じる

「大企業の部長クラスが何十人、何百人もの部下を従えているとしても
全社員2,30名の社長の「くささ」に遠く及ばない」


我々廃棄物業者というのは
たくさんの種類の会社様とお取引ができ

そして中でも
大阪は中小企業が多いので
社長さんと直接会える機会が多いです

これが
廃棄物処理業の営業の特権かも・・・



 

2015年12月24日(JST07000000)更新

ライフスタイル

皆さんメリークリスマスです

今日は新人社員がケーキを焼いてきてくれたり
協力業者の営業マンから自前でケーキを頂いたり

例年のごとく
ケーキクリーム製造のお客様から
買わされたり・・・

ケーキ三昧で幸せです

本年ももうわずか
クリスマスは
廃棄物業界では戦争の始まりです

この一年の締めくくり

ここでこの総決算で一年のやってきた事
わかることがたくさんあります

アドラー心理学で
人は普段、余裕のある時
その人の性質はわかりにくいが

能力以上に負担をかけると
その人のライフスタイルが噴き出る

ライフスタイルとは本性みたいなもの

なので
僕は普段の余裕のあるときの人は
あまり信用せず

ここ一番で過負担の時
人はどんな動きをするをみます

弊社社員は過負担の際は
より協力的になってもらえるので
本当にうれしく思っています


ただ
最近のびっくりで

普段、愛想が悪くやる気がないと
思ってた新人社員が
何故か
ここ一番、この忙しい中
一生懸命笑顔で仕事してくれています

思わず嬉しくなります

人は普段ではわかりません

思い込みは禁物です

まぁもともと見た目がそうなので
損な性質かも・・・
次へ»

201312271315_1.jpg

会社概要

昭和29年創業 平成7年法人化

詳細へ

個人プロフィール

趣味 旅行、サックス、ダイビング

詳細へ

<<  5/2016  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • chanel perfume from chanel perfume
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES SCARF from HERMES SCARF
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • Hermes Belts from Hermes Belts
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES PARFUME from HERMES PARFUME
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • hermes bag from hermes bag
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂