大きくする 標準 小さくする
次ページ

2011年11月30日(水)更新

大阪維新の会

大阪の知事、市長選挙が日曜日に開票になり
「大阪維新の会」大勝利ということですが

僕たち大阪市一般廃棄物処理業者も既得権益の一種と思われます

で、僕自身この選挙結果をどう感じるかと言えば

「しょうがない」

時代の流れです

僕自身、大阪市のゴミ行政によって今の僕があります

許可業者の息子として生まれ
ご飯は食べれたし、大学まで行けました

そして親の事業も継ぐことができ一緒に仕事もできました

本当に幸せでした

この事は本当に大阪市に感謝するのみです

で、これを続けれるかと言えば・・・

時代は流れています

企業の寿命は40年とか50年と言います

弊社(有)城東衛生は創立58年です

ということは寿命です

ので「時代が悪いと嘆くより」
大幅な改革を弊社自身行わないと

と常に思っています

ドラッガーでいう「イノベーション」

状況は恐らく、大阪市のゴミは民営化、有料化になるでしょう

民営化は大きなチャンスでもありますが
同時に競争も激しくなりピンチでもあります

リーダーの仕事は

現状を掴み、先を読み、方針を明確にして、断行する

本日、雑誌を読んでいたら
山本五十六氏の談話にありました

まさに危機の時代には
リーダー力が問われます

流れは
資本主義は終わり
カリスマのトップダウンも終わり
混沌の世の中です

その中で

「幸せを追求する会社づくり」

これが僕のビジョンであり

それには
僕は社員と一体となること「共同体感覚」

状況次第にならない、リーダーシップの「主体性」

この2点で
この難局を乗り越え
ピンチをチャンスに変え
100年企業になりたいと思っています






 

JGROUPバナーまとめ廃棄物コンシェルジュ 樋下茂のつぶやきかたづけ名人の遺品整理遺品整理.comJBRIDGE 株式会社ジェイブリッジJ-PORT 株式会社ジェイ・ポート有限会社 城東衛生J-GROUP 城東衛生グループ

 

 

2011年11月24日(木)更新

ライフサポート業

先月より㈱ジェイブリッジはライフサポート業として
幕を開けました
 
元来ジェイブリッジの仕事は、(有)城東衛生が行う不用品処分のための持ち出し作業をメインに
買い取り、ミニ引っ越し、そしてハウスクリーニングを
行ってきましたが
 
かたづけ作業をして繋がるとお客様からの次々と要望があり
メニューを増やすことをずっと考えていました
 
そして
弊社で工事部を作りました

実際の作業は既存お取引先の多くの住宅設備屋さんに
お願いできます

既存お客さんの売上UPに繋がり
WIN-WINの関係を持つことができます
 
そしてこの1か月で二件の工事受注がありました
 
初めての受注は
 
ある介護利用者さんの家の
不用品回収を頼まれました
 
でもその利用者さんは足がご不自由の寝たきりで
「家に入ってくる人はみんな泥棒」と思っている人で
ヘルパーさんの事だけを信じていました
 
当然、初めて家に入る僕たちかたづけ作業員も不信感の塊でみられていました
ごみを持っていく事も「泥棒」と思われていました 
 
またその家はねずみが多く
そのヘルパーさんから「退治できないか」 
と相談を受けてました

弊社もやったことがなかったのですが
 
弊社はスタッフに営業企画をしてもらっていて
たまたまアルバイトが自分で初めて企画したのが害虫駆除

企画したそのアルバイト君が道具を買ったり、プロの講習を受けて餌を買ったり

が、なかなかうまくネズミを捕ることは難しく・・・
 
それもそのはず
その家は天井や床に穴が開いていましたので・・・
 
しかしアルバイト君はあきらめず毎日毎日
その家に通って
   
「今日は一匹です」なんて世間話をしながら
寝たきりの利用者さんと  コミュニケーションをとっていくと
どんどん仲良くなってきて
 
ついにはその利用者さんから直接
家の天井や床を工事してほしいとの依頼がありました
 
つい最近まで泥棒扱いされていたのが嘘のようで
そのアルバイト君が
毎日通ってコミュニケーションをとることで
次々と頼まれごとをされる仲になっていました
 
普通の営業では絶対とれない受注の仕方で

これぞ「ジェイブリッジ流」だという
凄くうれしい第一号の案件になりました

20111128_1-300x0.jpg
 

 














大阪の産業廃棄物処理 J-PORT 有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ 遺品整理.com

2011年11月21日(月)更新

気づきのまとめ

昨日は久しぶりにゆっくりできました
妻と京都の鞍馬寺へ行きお参り、その後温泉に浸かり
刃を研いだ一日でした
20111121_1-300x0.jpg












20111121_2-300x0.jpg












20111121_3-300x0.jpg












きれいな空気と団子がおいしかったです

さて

ここ最近
たくさんセミナーに行って自分に詰め込みまくりました
そして出てきたまとめ

人を元気する方法
「適切にかまう」

そして
「生きがい」が必要
言い換えれば「目標」「希望」を持ってもらう

僕の今の一番の目標はと自問自答すると
知らず知らずのうちに
「借入金返済」になってました

無意識になると
早く返済したいと
漠然と不安をつかんでいることがわかり

焦っていました

しかしこれをもう一度、明確化して
何歳までに完済する具体的に計画を建て直しました

そしてわくわくする
プラスの目標をもう一度自問自答して
立て直しました

すると
今の障害が明確になり
元気になれました

生きがいなくして命なし
ですね

最近の気づきのまとめでした


 

大阪の産業廃棄物処理 J-PORT 有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ 遺品整理.com

2011年11月18日(金)更新

「エンディングノート」を観て

最近
「座右の銘は?」「好きな言葉は?」と
言った質問をよく受けます

自分は特に考えたことがなく

その時に思ったこと
例えば「和を以って貴しとする」
や「誠実」などとよく答えます

でも今しっくりくるのが
「おかげさまで」

ちょうど「感謝」と「謙虚」にもなれ
真ん中の言葉として
好きな言葉です

ちょっと自分が迷ったり狂うと
「おかげさまで」

昨日のブログもちょっと昔に戻って
父のいやな面を書いたりしましたが

父にも今となっては
「おかげさまで」
です

ただ生きているうちは
なかなか言えません・・・

先日次のビジネスの参考にと思い
「エンディングノート」の映画を見ました



本当素晴らしい作品で
素人が撮ったとは思えなく
商売心がふっとんで
最後まで涙、涙でした

だれでも訪れる人間の最後

手術不可能な癌に侵されていた主人公の砂田氏
その人がなくなるまでの生き様を娘がビデオに撮った
ドキュメンタリーですが・・・

残された時間を知っても
前向きに生きる砂田氏に本当に感動しました
そしてその中でもよくも悪くも自分らしさを貫く
その主体性が強さなのかもしれません

そしてそれを支える家族愛・・・

映画を見て
自分とだぶらせると・・・

「自分は親孝行をした。これ以上無理」
と思っていた自分でしたが

本当は僕はかなりの親不孝だったかも・・・

と少し反省しました

孫の顔を見せることなく
あの世に行かせてしまい・・・

プライベートな普通の会話をしたことが
ここ数年あまりなく・・・

自分は仕事を継ぐことが
精一杯で

「邪魔せんといてほしい」
「僕の事をわかってほしい」

といつも父に思っていて

僕が父のことをわかろうとはして
いませんでした

父との最後は土曜日に喧嘩をして
そのまま帰り
日曜日に心筋梗塞
一瞬にしてあの世へ・・・

何にも話さずに・・・

許してくれているかどうか・・・

が「しょうがない」

自分は自分のベストを尽くしている

と思ってその日に心丈夫に戻しました

戻さないと現実の世界が・・・

と思って心を麻痺させていましたが

映画を見てもう一度当日を思い出しました

実は亡くなったその日はすごくあと味が悪く
かなり後悔しました


父の仮通夜の際

枕元で父の死に顔を見ながら
最初は「ごめんさい」を続けていました

そして何故かその次に出てきた言葉が

「ありがとう」

そして最後に出た言葉が

「大好き」

でも亡くなった後でした・・・

ただ僕には
余命宣告をされている
義理の父が今います

妻とこの義父とどうかかわるか
と思っています

本日も顔を見ましたが
ちょっとやつれ気味・・・

どうやって希望をもってもらうか

映画をみて
「もっと優しくなろう」
「できることをしよう」
「どんなことが妻の援助になるか」

義父に感謝して謙虚の気持ちで

もっと人の痛みがわかる
深い人間になりたい

という決心ができました

 

大阪の産業廃棄物処理 J-PORT 有限会社城東衛生|遺品整理・定期収集・引っ越しゴミはお任せ 遺品整理.com

2011年11月17日(木)更新

2代目の仕事

弊社の若手社員曰く
「人気ブログ度は一ネタ100PVですね」とのこと

まだまだ自分のブログはと思いながら・・・

本日
二代目女社長とお話する機会があり
あまりにも僕が困っていた時と同じような
境遇で話が合いました

そして
そもそも何故このブログを書き始めたのかを思い出しました

その頃は自分自身
父の事で悩み苦しみ、
そしてこのブログを書くことで発散していました

「二代目社長幸せロード」と名付け

自分が幸せになっていくことをオープンにして
二代目社長の勇気づけのためだった目的でしたが

すっかり忘れていました

そして本日改めて
確認できたのは

二代目社長はまず優しい、まじめ
親孝行という人が多いと思います

また会社を変えたいという気持ち
雇用を守るという気持ちも強くもっています

しかし
偉大な父、母で育った分
しがらみも多く不自由になり
親孝行したい優しい部分もあり
わがままに思ったようにいかず・・・

親からもっとこうしなダメと否定され
被害者になる

僕の場合の
10年前の状況は

僕は若いうちは遊べたので
会社に入ることは罰ゲームと思って
何でも耐えれました

父自身、高齢になってきてびょうきもあり
あせっている

僕たちは競馬でいうと
まだ第一コーナーから第二コーナーに
入ったところ

ただ親はもう最終コーナーで
鞭をどんどん入れる

無茶な投資もしたいと

「父のやりたいことを応援する
それが親孝行」
僕は保証人になるだけ

社員にも対してはもっと強い態度で
いうことを聞かせる

プロセスで文句言い、結果でも文句言う

一体どっちやねんと
思いながら

社員たちは挫け、会社の悪口で盛り上がる
社長一族ばかり儲けやがって・・・
という人もいれば
新人社員をいびる人もいる

父は「お客さん第一や」
と言いながら

社員がお客さんに向かって仕事をしていると
父が
「そんなんほっといてこっちのことやってくれ」
と自分の用事をいう

それを聞かず
お客さんのとこへ行くものなら
烈火のごとく怒りだす
「何でいうこときかへんねん」

でも
「社長のいうことは絶対」

当然
社員はやる気、考える気がなくなる・・・

僕にもよく
「社長やらしてまんねん」
とお客さんに

僕は
「やらされてまんねん」

と抵抗するのが関の山・・・

「息子のためにここまでやっといたらなあかん」と
言いながら
他人からも「こんなにお父さんにやってもらっていいね~」と言われながら

多大な借入金で設備投資

こちらは一度もやってくれとお願いしたこともなければ
何がしたい?と聞かれたこともない

理不尽・・・

本当に勇気くじきの天才だと
思いました

それでも父は
人徳があり
人気がある

それが創業者の
魅力なんでしょうか

と、思うとまた
勇気くじかれました・・・

でも会社は
創業するか
継承するか

2つに1つです

継がないのも選択です

そして継ぐのも選択です

これが一番大切で

まずは自分が決めることから
始まると思いました

そしてそのためには
自分がまず勇気をもつことだった

それが
初の2代目の仕事だと思います

勇気を持つには「いい仲間」が必要


おかげ様で僕は10年たった
現在、自由に幸せになる事ができました

そしてそれまでの
奮闘記がこのブログ300回にあります
(2年くらいですが・・・)

これが僕の宝物かもしれません


 

JGROUPバナーまとめ

2011年11月16日(水)更新

類は友を呼ぶ

昨日、京都でセミナーがあり、帰りに懇親会
飲んで京阪電車にのって大阪へ帰りました

その時はピタパを使っていたので気づきませんでしたが
帰ってみると

「財布がない・・・」

見えやすいポケットに財布を入れていた
また寝てしまった
隣に座ってきた男性・・・
(ほかに席がたくさん空いていたのにわざわざ・・・)

と思いだし

あっすられた!

世の中もやっぱり悪い奴はいるんんだ

と思い夜中警察に眠いのに届出を済ませて
本当にショックでした

しかし本日
会社に見知らぬ女性から一本の電話・・・

財布を拾ってくださり
名刺が入っていたので会社まで電話くだりました

本当にありがたく
やっぱり世の中捨てたものではない
と思えました

結果で変わりますが・・・

いつも財布を落としたときに
普段の自分の行いが良ければ
帰ってきて、悪ければ返ってこないと
僕はチェックしています

最近ほとんど帰ってくるので
ちょっとは普段の行いがいいかも

でも若いうちは本当に帰ってくることは
少なく・・
それから墓参りを始めたりしました・・・
(ご先祖に怒られますが。。)

これもご縁と思います

先ほどあってお礼を言いました

いい波長でいるといい波長の人と出会える

そして幸せになれる
と思い込んでいて

先日も数年前に東京で行われている
産業廃棄物処理業の研究会でお知り合いになり
またそのご縁で一年間無料ボランティアで大阪市の小中学校の
資源ごみ回収を一緒に汗をかいた
有限会社 新垣商店さんの設立25周年記念パーティ
「感謝の会」に招待され参加させていただきました

この社長は去年に就任されたばかりの3代目で
本当にしっかりされてて勉強好き
また面白い人物です

先日も環境展で100人くらいのセミナーの講師をされていました
性格も尊敬できる人物で僕より一回りは年下なのですが
いつも手本にしています


そして同じテーブルになった社長さんたちも本当に素晴らしい人物で
お話しをして本当に楽しい時間を過ごせました


また会の最後にお母さんである会長が
「リーマンショックの大変な時期に私は精一杯やって疲れてしまい
ここは息子がやってくれると思い後は任せました」のあいさつに
なぜか僕がウルウル・・・

温かい会社さんです

その記念セミナーの題材は「出会い」
ラグビーの大八木淳史氏が行っておられました

大八木氏も伏見工業で山口先生とラグビーに出会って人生が変わる

先日も尊敬する青年会議所時代の先輩から
「盛和会」という京セラの稲盛会長が主宰する
勉強会にも誘われ

そこでもワタベウエディングの会長のお話も「出会い」
稲盛会長と出会って会社がかわり100倍になったお話

出会いが人生を変える

という言葉がここ最近ヒットしています

そしていい出会いをするため
日夜自分の「波長」をよくすることに
励んでいます


そして改めて人生の法則
「類は友を呼ぶ」

と思います

20111117_1-300x0.jpg



 

JGROUPバナーまとめ

2011年11月10日(木)更新

ジェイブリッジ会議

先日の㈱ジェイブリッジの全体会議では

「どんな時、何を言われると嬉しいのか」

をお題で一人ひとり話をしてもらい
場を温めて

「どんな会社にしたいのか?」

というテーマでスタッフ全員で
2時間半をとり、「無責任」でOKを条件に
一人ひとり付箋に何枚でも書いてもらい
ワークショップ風に模造紙に張っていきました

それでも
一枚しか書けないスタッフ
何枚も書くスタッフ

様々でした

7人で計40枚ほど出そろって
カテゴリー別に分けてみると・・・

一番多いのがやっぱり「お金」

「今の仕事の分量で月収100万円」
「ボーナス100万」
などなど・・・

そして次に多かったの
なんと「夢」のカテゴリー

おっすごいなぁ
みんな夢を持ってるのかぁと
思って感心しました

が、

よくよく見てみると
僕の書いたものばかり・・・

そして参考までに
僕の書いた付箋をなくしてみると

たった3つ・・・

そしてその内容が
「支店長になる」
「美人秘書をもつ」

「社員食堂」

しかしもっと悲惨なことに
僕の付箋を取ると
カテゴリー分けに

「人」がない・・・

「人ありき」のジェイブリッジという名前の由来を
を再び語りました

そして語る前にスタッフに聞いてみたら

一人のリーダー以外、誰も知らず・・・

(僕はリーダーが語ってくれている
と思い込んでいた・・・)

しかしこれは自分の責任であり
リーダー任せにしてきた結果だなぁと
思いました

社長の想いを伝えるのは社長だなぁと
改めて思います

ただ今日もある人に
「ジェイブリッジのスタッフ達の目が変わってきましたね
心のコップが上向きになってるようです」

と言われました

僕が嬉しいのは
やっぱりスタッフを褒めらることですね


 

JGROUPバナーまとめ

2011年11月07日(月)更新

目標達成

昨日は趣味のサックスで通っている大東楽器店さんの発表会がナンバのビッグキャットで
行われました

50組以上の演奏会で
今回、僕はグループとビッグバンドの2曲を演奏させていただきました

今年で5年目ですが
サックスを始めた時の一番の目標だった
サックスの最高峰といわれる
チャーリーパーカーのコンファメーションを演奏させていただき
本当に担当講師の先生、仲間に感謝、そして感動です

目標を持つことが大切ですね

そして
ビッグバンドの人たちとも飲み会を境に仲良くなってきて
そのことが伝われるような楽しい演奏ができました

仕事でもそうですが
本当に飲みケーションが必要と思った一日でした


20111107_9-300x0.jpg













20111107_10-300x0.jpg













20111107_11-300x0.jpg














20111107_12-300x0.jpg













妻も同じ演奏会に出演しました JGROUPバナーまとめ

2011年11月05日(土)更新

大阪市粗大ごみ民間委託

先日大阪市では
粗大ゴミ収集輸送業務の民間委託の競争入札が行われました

北部エリア(北区、都島区)
城北エリア(城東、鶴見、旭区)
の2地区のテストスタートで

ゴミ収集運送業務の
民間委託はいいことだと思い
弊社の地元ということで
是非と思い弊社も参加しましたが

敢え無くというより
全然値段が合わず・・・

弊社の札は
一億円くらい予定金額を超過していました

仕様内容は

期間:1年半

パッカー車、箱車、軽トラック(3台は絶対条件)
各2人~3人乗車

粗大ゴミのコースを毎日局と打ち合わせ・・・

許可業者による競争入札

そのような条件の中

5886万円の落札金額・・・

予定価格は7788万円

ここまで聞くと普通の話ですが

では競争入札を行う今年まで
大阪市環境局の直営業務の実績価格は

同じ条件で

なんと
約5億円らしい・・・

どうして予定価格が現行の約7分の1に
なるのか・・・

本来それだけの予算でできていた業務を
水増し予算で無駄な税金を投入し続けて
いたのでしょうか?

本当に摩訶不思議です

問題点だらけの「民間委託」です

でも
実際その金額で落札された業者さんもいて
今まさに、その業務を実行されておられます

競争入札って本当に難しいですね

たまには業界の事も
書いてみました・・・

本日の気づきは

正直ものは馬鹿をみる?

でした・・・

でも騙されていても
騙す方よりいい

なんかそんな歌詞ありましたね

ふと思いだす今日この頃です





 

JGROUPバナーまとめ

2011年11月04日(金)更新

鍋パーティ


昨日はジェイポートで鍋パーティ

社員の一人が
「どうしてもベテラン社員の人たちに参加して欲しく
その人たちが出勤する文化の日にしたい」
とのこと

聞いた時、本当にうれしい気持ちになりました

そして当日も
弊社若手アルバイトの
家の人が市場を経営していたり
酒屋を経営していたり
するので

食材(カニやはげ)や生樽ビールを持ってきてくれ
それが本当に美味しく
ありがたかったです

そしてなにより
今まで宴会は若いジェイブリッジ社員のみの主体だったのが
今回はジェイポートの社員が初めて幹事となり
みんなで餃子をまいたり
食材を切ったり

総勢20名くらいの鍋パーティで
楽しい時間を過ごせました

気づきは

僕自身ではこんなにたくさんの仲間を
短時間では作る事はできません
その基盤を作ってくれた亡くなった先代に
すごく感謝しました

20111104_1-300x0.jpg














20111104_2-300x0.jpg














そして

本日は某TV局から取材がありました(東京キー局)

「遺品整理業者は全国に何社ありますか?」

との事

「処分業者は全国の一般廃棄物の収集運搬許可業者だけあり
整理業者の数は無限大です」
と返答

「???」

多分ご理解いただけなかったと思います

いわゆる遺品整理業というのは今日からできる商売で
届け出も必要ありません

なんの許可も必要なく
遺品の整理ができます

しかしながらその整理した物を廃棄するため
処分工場へ運ぶには
一般廃棄物の収集運搬の許可が必要

ただそれだけです

しかしマスコミは時代の風雲児の遺品整理業者を
持て囃そうとしています

ただこのまま
無許可の遺品整理業者が無数に増えると・・・

値段競争が起こり・・・

曳いては
不法投棄につながります

マスコミは上げるだけ上げて
下げる
(往年のビルロビンソンのアトミックドロップのように)

一番顕著な例は堀江さんで
上手くいっている時は風雲児
そして調子に乗ると叩くだけ叩く

遺品整理業者も同じ運命と僕は予言します

のでマスコミ対応は適当に
と思っています



 

JGROUPバナーまとめ
次へ»

201312271315_1.jpg

会社概要

昭和29年創業 平成7年法人化

詳細へ

個人プロフィール

趣味 旅行、サックス、ダイビング

詳細へ

バックナンバー

<<  2011年11月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • chanel perfume from chanel perfume
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES SCARF from HERMES SCARF
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • Hermes Belts from Hermes Belts
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES PARFUME from HERMES PARFUME
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • hermes bag from hermes bag
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂