大きくする 標準 小さくする

2015年11月30日(月)更新

ランチェスター式営業

先日 弊社の朝の営業勉強会の教材で使っているDVDの
ランチェスター経営の先生

「竹田陽一」さんのセミナーへ行ってきました

いつもDVDで見ているだけの先生なので
なにか芸能人に会った気分で
社員も総出8名で出席

生竹田はすごく勉強になりました

そして
今回の目的の一つは
弊社の営業社員の
ランチェスターの申し子

竹田先生の対面でした

営業社員は
35歳過ぎ営業未経験

2年前に
ランチェスター流営業を
試したかった僕の
目の前に現れてくれてました

真面目と素直さが取り柄の彼に
とにかく
5回同じお客さんに回って欲しい
そして
はがきを書いて欲しい
とお願いしました

普通の人は
「はい わかりました」と言っても
なかなか行動にまで
難しいのですが

彼は
なんと!
本当に5回回ってくくれ

当初、仲間からは「あいつ何やってるんや」的な
見方をされ
お客様からは
「これで名刺3枚目・・・トランプみたい」と
同じ名刺を見せられたり・・
言われたり・・

しかし彼は挫けなかった

それどころか
朝のランチェスター勉強会では
リーダーになってみんなを
引っ張ってくれ

そして2年がたち・・

なんと
ザイアンスの法則(遅れの法則)通り
実績を上げだしました

花ひらき
本当に素晴らしい!
201511302026_1-300x0.jpg




 

2015年11月19日(木)更新

リユースサミット

先日 札幌で行われた 「全国 リユースサミット」に
出席させて頂きました

リユースサミットとは

環境問題等に大きく寄与するリユース業界は、
その業界自体の発生から日が浅く業界内の連携が脆弱である一方、
大きく変化する社会情勢の中での業界の社会使命は日々加速し
全国の業者同士の連携が今強く必要されています。
そこで垣根を越えて
全国のリユース業界従事者が年に一度集まり
今後の業界に求められることを考えていきますと
同時に行政や参加企業同士の交流を行います。

という会議です

最初のごあいさつで

「リサイクルショップではなくリユースショップと呼ばれる
ようにならないと」
との事で

なるほど・・・
と思いました

そして
会議の中一番盛り上がったのは

「一般廃棄物の収集の許可取得」

50社近く大手のリサイクルショップ様が
何故一般廃棄物なのか?

それは
リサイクルショップのお店では
もう物が集まらない・・

売りたい人は
ネットを使う

物がないと
売る商品がなく・・

で、安く、
いいものが
たくさん仕入れる事ができるのが

「遺品整理」

いわゆる
遺品整理=仕入れ
との事です

本当になるほど・・・

僕は今まで

遺品整理=きちんと整理、その後適正処理

と思っていましたが・・

その中で驚愕の事実・・・

遺品整理の中で
処分するものは10%

なるほど

リユース業者にかかれば
処分品は10分の1になる

しかし10%でも処分品が出るのも事実

だからリユース業者はなかなか
遺品整理を独自でできないという
のも事実

だから
一般廃棄物業者と提携するしかないのですが・・

うまく提携できないため
自社で許可を取得できれば
と思ってられます

ただ新規がなかなか出ない
一般廃棄物処理は既得権益と思ってられます

でも実は
一般廃棄物処理業の許可を新規で出さないのは
既得権益ではなく

一般廃棄物処理は行政責任
そして
市町村の処理計画に
基づき許可業者の数も決められるわけで

ゴミが減らすのが命題の世の中

新たに業者を増やす事は
理屈的に絶対ないのです

新たに許可を下さないのは
そういう意味なのですが・・

みなさんは新規許可をとるというので
盛り上がっていました

そのうち
リユース業界は一般廃棄物の
許可を取りにこられます

その会議の中
何社か一般廃棄物の許可を取得されている
業者はいらっしゃいますが
本業でやっているのは
きっと僕だけ・・

常に無言でいましたが
(ちょっとスパイな感じも・・・)

その中で
僕たち一般廃棄物の許可業者は
本当に宝を持っているなzぁと

同時に

宝のもちぐされ
で本当に僕たち一般廃棄物業者は
ビジネスチャンスを逃していると
と思います

処理計画上新規は出せませんが

こういう
理屈の立てつけになると
変わります

そもそも
一般廃棄物処理の目的は
公衆衛生の向上と環境保全

昭和29年にできた清掃法は
汚物処理や衛生面を向上
伝染病対策などでできた法律です

そして
「廃棄物処理法」として昭和45年に
「公害対策基本法」の中
「産業廃棄物」ができるわけで

「一般廃棄物」と「産業廃棄物」が分かれた瞬間です

今回 平成7年の改正
「環境基本法」の中
「循環型社会形成」が趣旨になると・・・

この遺品整理というのは・・・

循環型社会形成の中で
リユースは本当に環境に優しいと思います

それでも
はたして
一般廃棄物なのか?

という疑問にぶち当たります

だから
いち早く
一般廃棄物の処理業者は
適正なサービスで
リユース業界と手を結ぶか
独自でリユースを含めた遺品整理をするべきだと
思います

でないと
業が危ない・・・







 

2015年11月13日(金)更新

結婚生活のうまくいく秘訣

先日は弊社社員の結婚式

半年前結婚をする報告と
「結婚式どうしたらいいんでしょうっか?」
という初歩的な相談をうけ

「結婚式と披露宴は絶対した方がいい」
みんなに祝福される事で一つの重しになり
一生の思い出になる

普段からそう思っていたので
奥さんがしたいとの話を聞いたときは
本当にうれしく思いました

「日程決められなかったら簡単に
大安にしたら?」
とか
「結納はホテルがええで」
とか
聞かれなくてもはしゃいで
余計な事を言ってました

そして
挨拶と乾杯を頼まれ
「やっと自分も乾杯の挨拶まで
させてもらえるうようになったんや」

緊張もしますが無事に終わり
本当にうれしい日になりました

余談ですが
挨拶の中で結婚生活が
上手くいく秘訣を伝授しました

僕の感じる秘訣は
「奥さんが旦那の事を毎日褒める事」

最初は「好き」とか「かっこいい」
でも
褒める事がなくなってくる

それでも
無理やり靴下の色でも
手袋の形でも褒める

男は単純なんで
褒められると嬉しく
なりより元気になり
よく働く
そうすれば
会社も発展する
そして
家も潤う

好循環

結局、秘訣の伝授というより
この好循環をお願いしました・・・

そして
その日感じたのは
社員のご両親はもちろん
奥様のご両親ともお会いすることで

その奥様が大切に育てられてた事
それを
目のあたりにして
その大切に育てらえた人が
弊社の社員の奥様になる

「これは絶対に会社を変な風にしてはいけない」
「どんな事があっても潰してはいけない」
その家族を支えるのは弊社社員で
絶対に幸せにならないと
と思いました

よくよく考えればそんな人達が
弊社に30名いると思うと
改めてプレッシャーを感じましたが

それが自分の使命

もっと自分の器を大きくして
たくさんの人を幸せにできればと
思います

やっぱり経営は
やりがいがありますね

201511132217_1-300x0.jpg

201511132217_2-300x0.jpg

 

2015年11月07日(土)更新

今日は社内木鶏会

毎月第一土曜日は弊社の社内木鶏会の日

実はこの日が自分の中で一か月で一番ドキドキする日です

弊社は任意参加なんで

「今日はみんな来なかったらどうしょう・・・」
とばかり思っています

それでもいつも7割近くの社員に集まって頂き
これほど
嬉しいことはありません

弊社は日曜日しか休日がなく
貴重な土曜日の夜
それも早朝から仕事で
現場や営業でくたくたになった後にも
関わらず・・・
また休みの方もわざわざ来てくれたり

感謝感激です

ただ今日は・・・(今現在開催一時間前)

平時が忙しく
社員旅行など社内行事も多くあり

どうも前情報では怪しく・・
最低になるかも・・
(来れない人もそれぞれ事情があり
と思いながら)

ドキドキです

それでも
今日も参加してくれる社員が絶対いる

社員の
これほどの勇気づけはないと思っています

来ない人をみるより
来ていただける人を見る

これが自分の中で大切だと最近思います

でもこの社内木鶏会だけは続ける
を決めています

ちなみに

今日の僕の作文は

遠慮(遠きを慮る) 

何か一つのことをずっと続けること
そのことの尊さを賀川 浩氏より学んだ

2015年国際サッカー連盟からFIFA会長賞を贈られたそうで
現在90歳 70年はサッカージャーナリストをされている

自分が90歳になったとき
何をしているのだろう?とふと思う

もう50歳も近づきあと引退まで○○日と考える自分が恥ずかしくなる
65歳で仕事を思っても90歳まであと25年ある
25年もあればあとひと仕事できるようにも思える
・・・

とづらづらとあと書いています

4人一組でこれを読み
拍手のあと
美点凝視でプラスをフィードバックする
そしてまたフィードバックした人に
拍手
という感じが
社内木鶏会です

先日大阪木鶏会に出席して
他社の人との木鶏会の交流を行いました

感じたのは
初対面同士なので
本当によく聞かないとプラスは言えない

普段社内の時はその人のほめるところは
ある程度
決まっていて
作文の内容より業務の姿勢などをほめますが

知らない人をすると
本当に人の話しをきく技術、本気度が必要になり
大変です
201511071928_1-300x0.jpg




 

201312271315_1.jpg

会社概要

昭和29年創業 平成7年法人化

詳細へ

個人プロフィール

趣味 旅行、サックス、ダイビング

詳細へ

バックナンバー

<<  2015年11月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧

最新トラックバック

  • chanel perfume from chanel perfume
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES SCARF from HERMES SCARF
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • Hermes Belts from Hermes Belts
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • HERMES PARFUME from HERMES PARFUME
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂
  • hermes bag from hermes bag
    人生の決断 - ジェイ・ポート 代表取締役 樋下茂